Sponsored Link

お酒呑み過ぎてない?胃もたれの原因と解消法

胃もたれの原因

社会人の大敵!胃もたれの原因と解消方法について

社会人なら誰でも経験する胃もたれ、その原因は大きく分けて4つあります。
種類別に胃もたれを詳しく理解し、解消法を知り快適な毎日を過ごしましょう。

胃もたれの原因①

胃もたれの原因と解消法
1つは食べ過ぎや油物を食べた際の「消化不良が原因」となるものです。
胃の消化能力にも限界があり、食べ物を溶解させては十二指腸に送り込むのが胃の機能です。
しかし、食べ過ぎや、胃の処理能力を超えた油物は胃で処理されないため、十二指腸にも送られません。
すると、ずっと胃に物が残る状態となり胃酸が出て胃もたれとなるわけです。
対処法としては、当たり前の様に聞こえてしまいそうですが、食べ過ぎには気をつけるということが第一に挙げられます。
油物がどうしても食べたい時は、誰にだってあります。
そんな時には先にサラダなどで胃を膨らませると同時に食物繊維を摂取しましょう。
食べ物がゆっくりと消化されるようになるので、胃もたれを防ぐことができます。

胃もたれの原因②

胃もたれの原因
2つ目は「風邪や体調不良が原因」となるものです。
極端な話、風邪をひくと食欲がなくなりますよね。
あれは胃が機能を制限しているために脳にメッセージを送っているのです。
にもかかわらず、美味しい物を食べようとすると胃がオーバワークしてしまいます。
やはり、体調が良くない時にはお粥や煮込みうどんなど消化の良いものを食べると対策になるでしょう。

胃もたれの原因③

胃もたれ寝不足
3つ目としては「寝不足に起因する胃もたれ」が挙げられます。
睡眠とは脳を休めるためだけの時間ではなく、内臓を休める時間でもあります。
その内臓休めの時間を削っているのが寝不足の状態です。
また、昼夜逆転生活や仕事上で寝不足な場合は、夜食などを食べることがあるかと思います。
寝る直前の食事は想像以上に胃や内臓に負担をかけます。
解消法として挙げられるのは、内臓を休めることを認識することです。
もし、睡眠時間を増やせるなら増やし、増やせないなら消化の良いものを食べましょう。

胃もたれの原因④

胃もたれ飲み過ぎ
そして4つ目の「胃もたれの原因はアルコールの摂取」です。
お酒は胃や内臓への刺激が強いことで知られています。
胃酸と胃の粘膜にダメージが与えられるので、結果として胃もたれとなるのです。
社会人ならば、先にタンパク質などを胃に入れてから飲むと、幾分刺激がマイルドになることが分かりますよね。
どんなにお酒が強くとも、空きっ腹にアルコールは胃もたれを発生しやすくします。
上手に飲んで、楽しい食事を楽しみたいものですね。
お酒を飲み過ぎ二日酔いで胃がむかむかしている時は、しじみのみそ汁が二日酔いに最適だと言われています。
ですが、二日酔いの時にしじみを買いに行って味噌汁を作るのは…
そんな時は、自然食研しじみ習慣など如何でしょうか?

胃もたれの症状別に解消法をご紹介しました。
胃もたれで悩む方はライフスタイルの改善をすることが、胃もたれの悩みを忘れられる最善の道だとご理解頂けたでしょう。
以上が、辛い胃もたれ主な原因は4つ!胃もたれの原因と解消法の内容になります。
面白い雑学や豆知識を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ