Sponsored Link

何時抜けるの?アルコールの分解時間について

アルコールの分解時間

アルコールの分解時間を詳しく

楽しい飲み会も、
「アルコールが苦手な方にはお酒が抜けるまでの時間が知りたい。」
「お酒を飲んでからどれくらい経ったら運転ができるようになるのだろうか。」

アルコールの分解時間はどんな方でも気になるところでしょう。
体感的には大丈夫だと思っても、警察の検査器ではアウトなんていうこともしばしば聞く話です。

アルコールの分解時間は、実は比較的簡単な計算式で求めることができます。
ただし、あくまでも目安です。正確なアルコールの分解速度は、体格や性別またアルコールの性質などでも変わりますので参考程度にお考えください。

5%のビールを500ml、つまり『生中(なまちゅう)』1杯で約3時間、2杯ならば6時間

という具合です。
※飲食店などで飲む中ジョッキは500mlではなく一般的に350ml~500mlの間が多いと言われています。

例えば他のお酒でもアルコール度数が分かればこの計算式を応用することができます。
10%のワインならば、同じ量でもビール2杯分と考えれば良さそうですね。
日本酒は20%など強いので、量を加減して飲まないとあっという間に分解に掛かる時間が30時間を超えてしまいます。
一般的に、寝る前に飲むならば、朝起きれば抜けているなどと言われるようです。

水を飲むと良い?

アルコール水分
しかし、ビールの例ですと、5杯程度飲んだなら約15時間となり、通常の睡眠時間では分解されきっていません。
加えて、お酒を分解できる体であるかどうか、体格の大小によっても分解までの時間は変化します。
また、水分を多く摂取すると抜ける時間が早くなるため、そして発泡酒などは排尿で水分が抜けるためにも水分を取った方が良いと言えます。
お酒を飲んでいる最中でも、その後でも水を飲むと若干ながらアルコール分解時間を減らすことが判明しています。
危険なのは、酔い過ぎて計算すらできなくなってしまう場合でしょう。
「大量のお酒を飲むのは、車での移動や精密機械の操作をする予定の無い日の前日の夜に限定しましょう。」
というのも、上記の目安計算が通じない場合があるからです。
摂取量が極端に多い場合、30時間以上も分解に時間がかかる場合があるのです。
人体のアルコール分解能力には限界がありますから。
また、お神酒をひとなめ、料理酒などごく微量ならば数十分で抜けます。
大量が微小、その場合だけは計算式に囚われてはならないという事ですね。
さらに詳しい、飲酒やアルコールの内容はこちらの「アルコール健康医学協会」様のサイトが参考になると思います。

以上が、何時抜けるの?アルコールの分解時間についての内容になります。
面白い雑学や豆知識を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ