Sponsored Link

ヒリヒリは冷やすが重要!?「日焼けで痛い時」の対処法

日焼痛い

日焼けで痛い時の対処法

夏のビーチには何にも代えがたい魅力があります。
そんな楽しい時間の後にやってくるのが「日焼けの痛み」
クリームを塗っておけば良かった、と思うも後の祭。
そんな時にはとにかく「冷やす」方法がおすすめかつ、唯一の方法でもあります。

日焼をしたらとにかく冷やす

チェック

真っ赤になった日焼けは、症状としては火傷の状態です。
濡れタオルやウェットティッシュと氷などを組み合わせて、痛みが引くまで冷やし続けましょう。
タオルをやや固めに絞り、冷蔵庫にストックしておくと、冷やすものが尽きずに痛みを緩和させ続けることができます。
アイスノンや氷もストックを確保したほうが良いでしょう。
というのも、完治するまでの時間は、人によってまちまちだからです。
軽度ならば数時間で済む場合もありますし、数日間に渡る場合もあります。
何もしなければ、炎症は長引きますので必ず冷やしましょう。

日焼時のお風呂について

一度痛みを感じるとお風呂も厳しいものになりますが、そこでも補助的に皮膚の痛みを少なくする方法があります。
まず、「冷やす」ことが重要なのでシャワーは冷たくして使いましょう。
お風呂に入る際には、紅茶をいれると「タンニン」が皮膚の炎症を若干ですが治癒してくれます。
言うまでもなく、ぬる目のお湯に入るのが重要ですし、痛みがぶりっかえしません。
夏に取れる食べ物は体を冷やす効果があると言われています。
キュウリやトマトが典型的な_野菜ですね。
これらを意図的に摂取すると治療にかかる時間の数%は減じることができるかもしれません。
夜、寝る際に痛みがどうしても気になって眠れないという場合もあるでしょう。
そんな場合は、一度保湿クリームや炎症止めクリームをぬってから、その幹部を冷やしタオルで覆います。
もし、クリームが無いのなら、オリーブオイルでも効果が期待できます。
冷やしタオルを何度か変えるうちに、眠れることがありますのでオススメです。
どれくらいに冷やしたら良いかというと、「熱を持った幹部の熱を感じなくなる」程度までです。
場合によっては氷やアイスノンなども直に利用し、兎にも角にも冷やすことに重点を起きましょう。
以上が、ヒリヒリは冷やすが重要!?「日焼けで痛い時」の対処法の内容になります。
面白い雑学や豆知識を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ