Sponsored Link

くさーい汗の臭いの原因って?汗の臭い対策について

汗臭い

汗臭い原因を理解して臭い対策をしよう!

満員電車やオフォス、学校などでどうしても気になってしまうのが体臭。
その中でも汗の臭いは特に気になります。
ではその原因とは何なのでしょうか?
詳細を詳しく知り、対策を講じましょう。
汗臭さの原因は主に以下の2つが挙げられます。

1)【雑菌が汗を分解した時の臭い】
2)【皮脂や老廃物自体の臭い】

それぞれの原因を深く理解すると共に、適切な対策をするのが良いのです。

臭いの元は雑菌!?

汗臭い雑菌
どんな人間の体にも雑菌がたくさんいます。
皮膚の表面は外界からの菌が、どうしても付着してしまうのです。
汗には皮脂や体内からの老廃物が混ざっています。
汗自体にはさほど臭いがない場合が多いのですが、雑菌がこれらを餌にして分解をした時に不快な臭いが発生します。
雑菌予防にAg(銀イオン)が含まれたスプレーを使用するのも良い方法です。
しかし、汗の発生自体を抑えるのも良い方法だと言えます。
夏場など、汗をかくと新しいタオルでゴシゴシ拭きたくなるものです。
しかし、皮膚が乾燥すると、脳は汗も皮脂も出そうという命令を汗腺に出します。
結果多くの汗が出てしまうのですね。
できれば、やや固めに絞った濡れタオルで拭うように拭くと、次の汗の量を減らすことができます。
当然、雑菌への餌が少なくなりますから臭いも少なくなるのです。

食べ物やストレスを無くして臭くない汗にしていこう

雑菌対策をしても、汗自体がどうしても臭ってしまう方もいます。
タンパク質が腐敗したような臭いがするパターンがこちらです。
理由は大きく分けて2つあります。

1つは肉食が多い場合です。
当然、タンパク質系の老廃物が多くなるので皮脂や汗が混ざったものの臭いが強くなります。
対策としては、野菜や炭水化物と上手くバランスをとって食事を摂ることです。
「肉より魚、魚より大豆などの植物性タンパク質」と考えてみましょう。
これだけを意識しても、臭いに変化があるはずです。

2つ目は、ストレスが溜まっている場合です。
どんな方法でもストレスは0にはできませんが、過剰にストレスがたまると内臓の機能も落ちます。
特に、肝臓の機能が弱まるとアンモニア臭が強く出てしまいます。
汗や皮脂、体自体からも出てくる臭いですので、ストレス源から遠ざかる、ストレス解消をするのが対策となるでしょう。

パターン別に汗臭さの原因を知り、適切な対策をしてみましょう。
きっと、いつも気になっている方も、気が晴れてポジティブにもなれますよ。
以上が、汗臭い原因はいったいなに?汗の臭い対策についての内容になります。
面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ