Sponsored Link

ストレスで腹痛が起きる過敏性腸症候群とは?

ストレス腹痛

ストレスからくる腹痛「過敏性腸症候群」とは?

ストレス社会では様々な弊害が人体に現れます。
その一つが腹痛です。
通常、胃の痛みなどまでで収まるのですが、腹痛までいくとストレスの解消や環境の改善まで視野に入れたほうが良いでしょう。
手軽に手に入る胃薬などでは改善が難しいからです。
今回は、3つの主たる症状とその対策法をご紹介します。

1)【過敏性腸症候群】
2)【突発的な痛み】
3)【慢性的な痛み】

過敏性腸症候群とは?

近年話題になった病名ですが、以下の条件があった場合は可能性が高くあります。
「便をすると痛みが軽くなる」「残便感がある」「左の状態が長く続く」
過敏性腸症候群も、ストレスが引き金になるのですが、ストレス対策をしてもストレスをゼロにはできません。
必ず病院に行き、適切な処置をしてもらいましょう。
(参考:過敏性腸症候群wikipedia)
当然、ストレスを減じることは重要でもあります。
痛みが起こる頻度が減れば、それだけ楽になるからです。

ストレスからくる突発的な腹痛

ストレス腹痛
突発的な腹痛は、発症後30分などで治る腹痛を指します。
過敏性腸症候群までいかずとも、腸もまた、ストレスに弱い部位でもあるのです。
過剰なストレスでお腹が痛む方、怒ると痛みが走る方もいます。
経験的に分かるでしょうが、長くとも1時間程度で治る場合が多いでしょう。
横になって嫌なことを考えないことが、応急処置として挙げられます。
また、ストレス源に近寄らない、ストレスになる情報を得ないことで発生自体を防ぐことも可能です。

ストレスからくる慢性的な腹痛

慢性的腹痛
ストレスに弱い方、生真面目な方、精神的な影響を受けやすい方は、慢性的に痛むことがあります。
または、毎日一定の時間で、ランダムで痛むことが長く続くことがあるでしょう。
この場合もきちんと病院へ行き、各種検査をしてもらいましょう。
それでも対処できない事例も報告されています。
総合病院や大学病院では「認知行動療法」という精神医療的なアプローチで腹痛を治療することもあります。
言い換えれば、精神的な問題を解決することで完治・寛解(コントロール下に置くこと)させる試みです。

いずれにせよ、ストレスを多く感じるような場所には近寄らない、条件を付ける、対策を練ることと、病院へ行くことが基本的な対策となります。
胃腸自体を強くするより、ストレスへの接し方に着目するのも良いでしょう。
以上が、ストレスで腹痛が起きる過敏性腸症候群とは?の内容になります。
面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ