Sponsored Link

頻繁に喉が渇く人は要注意!「喉が渇く症状」について

喉が渇く症状

喉が渇く症状が頻繁に続いたら要注意

何か飲み物を飲むとホッと一息付けますが、何度も飲んでしまったり、喉が渇くような状態が長く続いているのならば要注意です。
というのも、以下の3つの病気・症状に該当している可能性があるからです。

1)【「糖尿病」で喉が急激に渇くようになる】
2)【「更年期障害」で水分を取らないと落ち着かなくなる】
3)【「緊張しやすい気質」で喉や口が渇いている】

詳しい原因と対策を知り、最適な方法でケアしていきましょう。

糖尿病予備軍は喉が渇く?

喉が渇く糖尿病
ペットボトル症候群と呼ばれる現象があります。
(参考:ペットボトル症候群wikipedia)
ペットボトル飲料がどこでも手に入り、甘い方がお得とついつい舌に美味しいものを購入してしまいますよね。
甘い飲み物ばかりを飲んでいると、糖尿病になりやすいのです。
糖尿病や予備軍になると、喉の渇きの頻度が多くなり、尿の量も多くなります。
一度糖尿病になると、基本的に一生付き合っていくしかありません。
もし、以前より明らかに喉が渇き、排尿の頻度も多いならば一度検査をしてもらいましょう。
単なる一過性のものならば、問題も少ないでしょうが、糖尿病ならば医師のケアが必須です。

更年期障害でも喉が渇く?

更年期喉が渇く
更年期障害では、何かを飲まないと落ち着かなくなります。
該当箇所は、肩こり、背中の痛み、腰の痛み、自律神経からくるほてりなどです。
加えてイライラしたり、いきなり落ち込んだりもします。
もし、長期的に症状と喉の渇き・水分を欲する状態が続くならば婦人科や精神科で診てもらうことが必要です。
あれもこれもと考えすぎるのも、余計にストレスを感じ自律神経を悪くします。
心療内科やメンタルクリニックなどの訪問しやすい病院も検討してみましょう。

極度に緊張した時も喉が渇く

緊張喉が渇く
興奮するような映画を見るとき、過度に集中が必要な時は誰でも口が渇きます。
結果、喉の渇きも感じたり、水気が欲しくなります。
これは誰でも起こることなので、必要以上の心配は必要ありません
しかし、日常的に緊張感が続いている場合は正しいケアが必須となります。
この場合も精神科、抵抗があるならば心療内科などで診てもらうのも良い方法です。
一度「緊張」を意識してしまうと、より緊張感が高まってしまいます。
没頭出来て楽しい趣味を見つけると、手軽にできる対策になるでしょう。
以上が、頻繁に喉が渇く人は要注意!「喉が渇く症状」についての内容になります。
面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ