Sponsored Link

「原因」「対処」「予防法」から学ぶ「寝過ぎの頭痛」について

寝過ぎの頭痛

寝過ぎた時の頭痛について

たまの休日に、いつもの睡眠時間の少なさを補おうと長時間睡眠をすることがありますよね。
しかし、起きた時に酷い頭痛を感じていることも多いのでないでしょうか。
そんな場合は、「原因」「対処」「予防策」を知り、総合的な対処をしましょう。

1)【原因はセロトニンの過剰分泌にあり】
2)【対処法は冷やすのと血管の収縮することにあり】
3)【予防策は生活リズムの確保とストレスマネジメント】

寝過ぎの頭痛の原因セロトニンとは?

寝過ぎ頭痛なぜ
寝過ぎによる頭痛の原因は、セロトニンが脳内で感覚神経を圧迫するからです。
というのも、人間は朝方になるとセロトニンが徐々に分泌されてきます。
長時間睡眠は、動かない状態も続いているために血行も悪くします。
それは脳内にも及び、セロトニンが詰まってしまうのです。
かといって、セロトニンは交感神経を優位にし、活動させる脳内物質です。
これを無くしてしまうと、うつ病に近い状態になってしまいます。
セロトニンは発生してしまうもので、寝過ぎが良くないものだという認識をもちましょう。
(参考:セロトニンwikipedia)

寝過ぎ頭痛が発生してしまった後の対処法

チェック
さて、いざ寝過ぎてしまい頭痛が起こってしまうと対処法は3つしかありません。
1つは、熱を下げるシートや、冷やしタオルで痛みを緩和させる方法です。
これ自体にも血管を収縮させる効果があります。
寝過ぎて膨張した一部の脳内の血管を収縮させて、セロトニンを流し出そうという試みです。
事実、冷んやりとした感覚が頭痛への意識も緩和してくれるでしょう。
2つ目は、コーヒーや緑茶でカフェインを補うというものです。
内容としては、血管を収縮させセロトニンを押し出すのですが、寝起きにカフェインが辛い場合や、持病をお持ちでしたらオススメできません。
次の方法を考えてみましょう。
最後の3つ目は、ひたすら待つというものです。
寝過ぎによる頭痛は一過性のものが多いので、テレビでも見ながら我慢してしまうのも手段の一つです。
特に、冷やすものが無い、カフェインも摂取しにくい場合は、「待てば良いのだ」ということを知っているだけでも、気分が違います。

寝過ぎ頭痛の予防策は「寝溜めしようとしない事」

チェック
明日のことが気になって眠れない、今日も徹夜か…、というストレスフルな状況から遠ざかることが一番の対策になるでしょう。
一度寝過ぎによる頭痛が発生すると、痛みの緩和はできても対処時間は数時間かかってしまいます。
寝溜めしようという考えを持たないようなライフスタイルを考えてみましょう。
例えば、仕事ならば効率化を図り、快眠できるようにアイマスクを使うのも手段の一つですね。
日頃の生活リズムを整えたり、ストレスマネジメントをすることが、寝過ぎ自体を避けるのが一番確実な対策となります。
以上が、「原因」「対処」「予防法」から学ぶ「寝過ぎの頭痛」についての内容になります。
面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ