Sponsored Link

初心者ランナーに多い!走ると膝が痛くなる原因とは?

走ると膝痛い

走ると膝が痛い!となる前に気をつける事。

ジョギングをしてダイエットをしてみよう。
マラソンを始めて大会にでも参加してみようか。
費用が余りかからないためか、人気の趣味・スポーツであるジョギング。
しかし、ランナーに付きまとうのは膝の痛みです。
これには2つのパターンが考えられます。
原因を把握し、専用の対処法を知ることで、快適なジョギングライフを楽しんでみてください。

1)初心者に多い膝のお皿周りの痛み
2)長距離ランナーを困らせる「ランナー膝」

いきなり無理はダメ!膝を痛める原因に

膝の痛み
デスクワークが多い方、運動をしていない方がいきなり走り始めると、足腰に負担がかかります。
ジョギングの場合は、スピードと落下距離があるために、膝にどうしても負荷がかかりやすいのです。
厳密に言うと、膝のお皿周りの筋肉が未発達の状態なので痛みが発生しています。
一般的な対策としては、ウォーキングで基礎体力を付ける方法があります。
予定しているコースを、まずは歩いてみるのです。
これだけでも筋肉痛がある場合は、歩くだけを1週間以上行い、早歩きでも1週間を費やしてみてください。
サポーターを使ったり、シューズを考えるのは、この作業を行ったあとでも十分に間に合います。
ジョギングをするための体を作るのが膝の痛みを無くすためのコツなのです。

長距離ランナーに多い「ランナー膝とは」

ランナー膝
次に、長距離ランナーに多いのが「ランナー膝」と呼ばれる膝に痛みが出る症状です。
長距離を走ると、セロトニンやエンドルフィンが分泌され、止めたくても止められない方も多いのではないでしょうか?
(参考:セロトニンwikipedia
こちらも、足の酷使が原因になります。
必要以上のペースで走ったり、体力の限界以上の距離を走るために、炎症が起きているのです。
一種の靭帯炎になっていますので、病院に行く必要がある場合もあるでしょう。
上り坂や下り坂を多くコースに取り入れている方も要注意です。
距離は自分にとって最適でも、負荷はまた別個になっているからです。
対処法としては、必要分の距離しか走らないようにすること、「足休めの日」を作ること、こまめな「ストレッチやクールダウン」が挙げられます。
歩くのが困難になる程でしたら、早急に病院に行くことが推奨されます。
以上が、初心者ランナーに多い!走ると膝が痛くなる原因とは?の内容になります。
面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ