Sponsored Link

A型インフルエンザの症状と潜伏期間とは?

A型インフルエンザ

インフルエンザA型の特徴と早期完治のための民間療法

冬に大流行するインフルエンザですが『A・B・C』と3つのタイプがあります。

『インフルエンザA型』:ウイルスの増殖力が強く、流行性が高い。
『インフルエンザB型』:A型ほどではないが、流行性は高め。
『インフルエンザC型』:最も流行しにくいタイプ。子供やお年寄りの感染が多く、呼吸器感染を引き起こす。

同じインフルエンザで感染力が違うのはなぜ?

そもそもインフルエンザに感染するとはどういうことなのでしょうか。
一般的には、インフルエンザウイルスが体内に侵入し、インフルエンザ特有の症状が出る状態を「感染した」と言います。
体が反応するのは、インフルエンザウイルス表面の『表面抗原』と呼ばれるタンパク質に原因があります。
インフルエンザA型は3つのタイプの中で最も多くの表面抗原をもっているため、感染力が高いと言うわけです。

表面抗原って何?

インフルエンザなぜ
表面抗原とはインフルエンザウイルスの表面にあるタンパク質のことです。
これが体内に侵入すると、体は抗体を作ります。
次に同じウイルスが侵入すると、この抗体が反応し、ウイルスと戦うのですが、その時に高熱などの症状を引き起こしてしまうのです。
インフルエンザA型は『ヘマグルチニン(H)を15種類』、『ノイラミニダーゼ(N)を9種類』も持っているので、多くの抗体が反応してしまうという仕組みです。
よって、インフルエンザの予防接種をしていても、タイプが合わなかったという理由でインフルエンザにかかる人がいるのは、このためです。

インフルエンザの症状と潜伏期間

インフル症状
インフルエンザの主な症状は次の通りです。

・38℃以上の高熱
・ひどい頭痛、腰痛および関節痛
・悪寒や寒気

他にも、胃や腸に痛みを感じたり、食欲不振、吐き気なども同時に引き起こしたりすることがあります。
インフルエンザウイルスの潜伏期間は『1日~3日』と言われています。
インフルエンザ流行期に体調不良の人が近くにいた場合は、3日程度様子を見て、変化がないようであれば「たぶんうつっていない」と判断して良いでしょう。

インフルエンザかもって思ったら?

インフルエンザの症状は風邪と良く似ているので、医療機関で検査しない限り素人が診断することは難しいでしょう。
しかし、症状の多くは疲れがたまる夜に発症することが多いので、「明日病院に行こう」となりますよね。
そこで、少しでも症状を和らげるために、また早く完治させるためにできる民間療法を教えます!
『1:よく寝る』
何と言ってもこれが1番です。
寒気や関節痛などがあるので、なかなか寝付けないでしょうが、横になっておいた方が体力を使わずに済むので実践してください。
この時、枕や掛け布団の縁(首元の方)にタオルと巻いておくと便利です。
話したり、咳き込んだりするときに飛ぶ唾にたくさんのインフルエンザウイルスが入っています。
タオルを巻いておけば、それらを一気に選択で一網打尽にでき、毎晩枕や布団を清潔に保つことができますよ。
『2:体を温める』
体温を上げることで新陳代謝を活発にするとともに、汗をかきやすい状態にします。
寒気などがあるので、これを緩和することもできます。
『3:栄養補給と水分補給』
高熱が続くと食欲がなくなりますが、まずは体が大事です。
栄養がなければ体の免疫機能も働きません。
また、汗をかいていなくても体は脱水症状を起こすことがあります。
高熱で「ハァハァ」と吐く息の中には大量の水蒸気が入っていますから。
そこでオススメするのは「温めたスポーツドリンク」です。
これには適度にミネラルや塩分が含まれているので、体に良い飲み物です。
体調不良時に限れば、お茶よりも断然優れています。
ただ、冷たいものを飲むと、高熱でほてった内臓に負担をかけることになるので、電子レンジで少し温めれば、体に負担をかけずに栄養補給と水分補給を同時に行うことができます。
以上のことで一晩安静にして、次の日は必ず自分自身で判断せず必ず医療機関で診断してもらいましょう。
以上が、A型インフルエンザの症状と潜伏期間とは?の内容になります。
面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ