Sponsored Link

朝起きて憂鬱になった時の解消方法

朝憂鬱

朝起きて憂鬱なときありませんか?

寝起きに「何だか気分が乗らない、毎朝が憂鬱だ」
そんな気持ちになる方は、ぜひ下の3つの方法を試して下さい。
朝から憂鬱では、仕事や勉強にも身が入りにくいというもの。
簡単に実行できる方法で、早期の解消を試みましょう。

1)太陽光から元気を貰う
2)過剰な「心配への心配」は不要
3)サプリメントを上手に使う

太陽光を浴びて清々しさを感じよう

朝太陽憂鬱
まず、太陽光はセロトニンという満足感や活性化を促す脳内物質を放出します。
寝起きで憂鬱な気分であっても、カーテンだけは開けて太陽光を見て下さい。
嫌な夢を見て、気持ちが落ち込んでいる時などには重要な解消法になります。
手鏡などを使って、部屋に入り込んだ光を部屋中に反射させ、それを目で追うのも良い方法です。

心配の心配に注意

憂鬱心配
憂鬱な気持ちになることは避けられないこともあるでしょう。
しかし、明日の朝も憂鬱な気分になるから夜も憂鬱だ、という気持ちで寝るのは避けた方が無難です。
想像上の心配に対して心配してしまっているのです。
というのも、真面目な性格の方、憂鬱を感じやすい方ほど、前日の思考を引きずってしまうからです。
夜には、小さな音で起きに入りの音楽やテレビを聞きながら眠ると、嫌な思考を頭から追い出すことができ、翌朝の快適感につながります。

緑茶やサプリを飲んでみる?

朝憂鬱緑茶
もし、それでもダメな場合はサプリメントを上手に使いましょう。
一般的に効果があるとされているサプリは「チロシン」と呼ばれるものです。
(参考:チロシンwikipedia)
主にやる気を出す効果を持つのですが、寝起きの憂鬱感を減じる効果もあります。
また、テアニンという、緑茶からも取れる成分を凝縮したサプリも効果的です。
憂鬱な気持ちをフラットにしてくれる効果があります。

上記を試しても改善がない場合、または長期的に苦しんでいる場合は医師への相談が必須です。
心療内科やメンタルクリニックなど、訪問しやすいスタイルの医院も増えています。
「いつか治るだろう」という考えよりも、「治してみよう」というスタンスが重要です。
以上が、朝起きて憂鬱になった時の解消方法の内容になります。
面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ