Sponsored Link

病気?体の疲れが取れない時の原因ってなに?

体の疲れ

体の疲れが取れない原因について

最近体から疲れが抜けにくくなった。
いくら寝ても疲れが取れない。
こんな悩みが出るにはそれなりの原因があります。
可能性が高いと考えられる原因トップ3を確認して、早めの対処をしてみてはいかがでしょうか?

1)肝臓の機能の低下
2)カフェインなどの過剰摂取
3)対処しきれないほどのストレス

暴飲暴食と飲酒

暴飲暴食
第一に考えられるのは、暴飲暴食による肝臓の疲弊です。
俗に「沈黙の臓器」と呼ばれるほど、病気になりにくい臓器が肝臓です。
しかし、そんな肝臓が機能しなくなるほどのドカ食いや飲酒は、体に疲れを留める大きな原因となります。
休肝日は、何もお酒だけに使える方法ではありません。
炭水化物やタンパク質の過剰摂取を控え、内臓を休めるためにも使ってみましょう。

カフェインの取り過ぎ?

カフェイン
また、カフェインなどの刺激物を多く摂取していると自律神経系にダメージが与えられて疲れが溜まります。
自律神経の交感神経が優位になり、活性化している状態が続くためです。
睡眠すべき時、休憩したい時にリラックスができなくなってしまうのです。
不眠や寝た気がしないタイプに多く見られる現象だと言えるでしょう。
コーヒーはもちろん、多くの炭酸飲料にもカフェインは含まれています。
そして、唐辛子やネギ、ニンニクなどを過剰に摂取し続けても同様の症状に見舞われます。
適度な量を適宜使用するのが賢い方法でしょう。

ストレスの溜まり過ぎ?

ストレス
以外と見落としがちなのが、ストレス由来の疲れです。
自分で認識できないストレスもあるので、休日はゆっくりしたり、仕事にもメリハリをつけたりしましょう。
没頭できる趣味などがあれば、そこでガス抜きするのも良いでしょう。
もし、自分で思い当たる節があるならば、ノートに記述するのが良い方法です。
とあるストレスを感じたイベントで、どれだけストレスを感じたかをメモします。
そして、そのストレス源から離れるような、それを減らせるようなライフスタイルに持っていくのも良い方法です。

上記は症例が多いものをピックアップしたものです。
もし、上記のどれにも該当しない場合は、人間ドックや脳ドックなどで徹底的に診てもらうのが確実な対処法になります。
以上が、病気?体の疲れが取れない時の原因ってなに?の内容になります。
面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ