Sponsored Link

タバコを止めると太る!?禁煙中の太る原因や対処法について

禁煙太る

禁煙中の太る原因と対処法

禁煙すると太ると禁煙に成功した人は言います。
話を聞くと食べ物が美味しく感じられる、という表現をよく聞きますよね。
美味しく感じるので、ついつい食べてしまうそうです。
さて、その原因などは解明されているのでしょうか?
実は以下の2つの内容が科学的にも判明しています。
原因と対処法を知り、禁煙時に生活習慣病などにならないようにしましょう。

1)味蕾(みらい)への付着物が無くなるため美味しく感じられる
2)タバコの成分自体に食欲を限定する作用がある

舌のセンサー味蕾が関係?

禁煙
味蕾とは、舌の細胞で、味を感知するセンサーのような働きを持っています。
喫煙者は、日々タールを口内に取り込んでいるので、味蕾もタールでコーティングされているような状態になるのです。
また、ニコチンとタールを摂取した瞬間も、味蕾は「辛味」や「苦味」を感じています。
自然界でタバコを積極的に摂取できる動物が少ないことからも、これらの味は、人間が感知できるようにできている味ではありません。
これらが味蕾を刺激してしまい、味がよく分からない状態になってしまうのです。
(参考:味蕾wikipedia)

タバコに含まれる成分も影響?

チェック
また、タバコに含まれるニコチンは、「アセチルコリン」と呼ばれる頭を良くする成分に近い構造を持った物質の分泌を促します。
集中力や活性化の作用があるために、また、ある種の満足感が得られるために食欲に注意が向きにくくなるのです。
加えて、タバコの臭いや苦味のある味は、食欲を制限します。
極端な話を挙げますと、空きっ腹で吸うタバコは吐き気すら催させます。
これらの作用が複合的に作用して、食欲自体も制限しているのです。

禁煙すると太る理由と対策

重要ポイント
禁煙してから1週間程度でニコチンが抜け出し、タールの付着率や刺激からも解放されている状態が続きます。
ここで、口さみしさも相まって沢山食べてしまうと太ってしまうのです。
よって、代替できるような軽めの刺激のあるものを摂取すると、急激な食欲の増加を防ぐことが可能です。
例えば、水の代わりに炭酸水やコーラを飲むのも一つの手段です。
また、香辛料が入った食べ物や、ニンニクなどの刺激的な味わいを持つ食べものを食べると、お腹と脳みそが満足してくれます。
禁煙をして健康になろうと思ったら、食べ過ぎてしまい太ってしまったり、病気になってしまっては本末転倒です。
およそ3週間程度で、強力な依存性からは抜け出せるので、しばらくは騙し騙し自己抑制を行うのが吉と言えます
以上が、タバコを止めると太る!?禁煙中の太る原因や対処法についての内容になります。
面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ