Sponsored Link

整形外科?それとも自分で?「目を二重にする方法」とは?

二重にする方法

二重にする方法とは?

女性にとって二重はとても大きな問題です。
特に、一重か二重かは遺伝によるところが大きいので、本人ではどうすることもできないと思い込み、親を恨む人もいると聞きます。
それだけ重要な問題だからこそ、整形外科での力を入れていますし、技術の進歩や費用の低価格化などもどんどん進んでいます。

整形外科で二重にする方法

整形外科二重
整形外科に依頼すると、理想の二重を作ることができます。
比較的簡単な施術なので、その日のうちに退院(帰宅)できますし、1日~2日もあれば腫れが引いて日常生活に戻ることができます。
問題はその費用なのですが、これは病院によって、施術内容によって大きく異なります。
一般的に、簡単で安い施術だと両目合わせて「1万円以内」で可能です。
ただし、その継続期間は永久ではなく、病院の保証も1年程度となっています。
一方でメスを用いるような、大掛かりな場合はその効果は永久に続くと考えて良いようで、費用は両目合わせて「20万円~30万円ほど」となっています。
整形外科の場合は費用がかかりますが、とてもきれいに仕上がるのでオススメです。

自分で二重にする方法

チェック
自分で二重にする方法もいくつか成功報告が挙げられています。
しかし、これは体質ややり方によるので、整形外科と違って100%の保証はありません。
そこを踏まえた上で実践してみてください。
1:アイプチ・テープなどの利用
これはとても手軽なものですが、いわゆる「にせもの」ですよね。
ところがこれを続ける内に、その癖が付いて実際に二重になったという報告がいくつもあります。
この際、少しでも長く二重状態をキープする必要がありますが、アイプチを使うとそのノリが劣化したり、目に入ったりして危険が考えられます。
そういう意味では比較的影響の少ない『テープやファイバー』を利用すると良いでしょう。
2:まぶたのむくみ取り&マッサージ
まぶたはとても薄い部分ですが、少なからず脂肪があり、血管も通っています。
そこで、まずはまぶたをスッキリさせます。
その方法は「蒸しタオル&冷えタオル」です。
それぞれ1分ずつまぶたの上においておきます。
最近では、専用成分を含んだアイマスクなども売られていますので、ぜひ活用してみてください。
これによって、まぶたの脂肪燃焼及び血流改善が図られます。
その後、眉毛部分を目頭から目尻にかけて親指で圧迫していきます。
そんなに強く圧迫する必要はないので、心地よく感じる程度で行ってください。
これにより血流改善が図られます。
最後に二重にしたいライン部分を親指先端で押していきます。
まぶたの下には眼球があるので、あまり強く押さないようにしましょう。
これにより、二重のラインをまぶたに癖付けすることができます。
以上が、整形外科?それとも自分で?「目を二重にする方法」とは?の内容になります。
面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



One Response to “整形外科?それとも自分で?「目を二重にする方法」とは?”

  1. いしい より:

    整形ではなく形成の間違いでは?

コメントを残す

このページの先頭へ