Sponsored Link

体温計の表示温度が42℃までしか表示されていない理由とは?

体温計

体温計の表示は42℃まで



今回は、体温計の雑学になります。

体温計の種類は、日々新しい物に変わっています。

昔は、水銀体温計が主流でしたが、今は電子体温計が主流になりました。電子体温計は種類も豊富で体温の測り方も、口腔で測るタイプや耳で測るタイプの体温計もあり、その上以前の水銀体温計と比べると、素早い体温測定ができるようになりました。

ただ、水銀体温計も今主流に使われている電子体温計体温表示は42℃までしか表示されていません。水銀体温計は42℃までしかメモリがありませんし、電子体温計は42℃を超えるとH℃という表示になってしまいます。
なぜ、42度までしか体温表示していないかの理由ですが、


「人間は体温が42℃以上になるとタンパク質が凝固してしまい死んでしまうから」なんです。


簡単に言うと、42℃以上は死んでしまうので測る必要ないよね?ってことです。
ちなみに、人間は体温が41℃を超えると意識がなくなると言われています。ですので、もし自分1人で体温を測っている場合ですと、41℃以上で意識がなくなっている状態になりますので、自分ひとりで42℃まで測る行為自体が出来ない事になります。
ただし、医療用の体温計は45℃まで測れる物もあるらしいです。

以上が、体温計の表示温度が42℃までしか表示されていない理由とは?の内容になります。

スポンサーリンク



One Response to “体温計の表示温度が42℃までしか表示されていない理由とは?”

  1. […] 出典: 体温計の表示温度が42℃までしか表示されていない理由とは? | 雑学の駅 […]

コメントを残す

このページの先頭へ