Sponsored Link

タバコ1本が縮める寿命について

タバコ

タバコ1本が寿命をどれだけ縮めるのか



貴方は、タバコを吸いますか?

タバコを吸っている人も吸っていない人も、タバコは体に悪い事はお解りだと思います。
タバコを好む方にとっては、体に悪いとは思ってはいても、なかなか止められないと言う方も多いのではないでしょうか?

タバコにはニコチンが含まれているのは皆さんご存知だと思いますが、このニコチンに依存性があるため簡単に止める事が出来ないのです。
タバコのニコチン依存度は、アルコール依存よりも高く、嘘だと思うかもしれませんが、ヘロインやコカインより依存度が高いと言われているんです。
そして、タバコには発癌性物質がなんと!60種類も含まれていると言われています
有名な毒素でだと、ダイオキシン・カドミウム・ホルムアルデヒド・シアン化水素 恐ろしい名前の毒素ばかりですね。(参考:喫煙wikipdia)
食べ物や、飲み物や運動にいくら気を使っても、タバコを(喫煙)吸っていれば意味ない様に感じてしまいますね。

そして、本題の「タバコ1本に対しての縮む寿命」になります。

「タバコ1本吸う(喫煙する)と約5分30秒寿命が縮む」と言われています。

もし貴方が1日に一箱のタバコを吸った(喫煙)場合を計算してみると、
タバコを一箱吸うだけで、1日2時間弱の寿命が縮むと言う事になります。

恐ろしいタバコの有害性…
まさに、百害あって一理無しですね。
ただし、煙草による健康被害は疫学上の推測である為、科学的な証明がされていない為、喫煙が死亡要因にはなる事はないと言う考え方もあるそうです。

ですが、タバコを喫煙するにはお金も掛かりますし、タバコを喫煙する場所も今は限られてきています。
自分の為、家族の為、子供の為に!禁煙に挑戦してみてはいかがでしょうか?

以上が、タバコの雑学の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ