Sponsored Link

突き指の病院は何科に行くの?要注意の突き指の症状とは?

突き指何科

突き指になったら何科に行くべき?

スポーツをやっていた方なら一度は体験したことがあるはずの突き指。
特に球技のスポーツではよく起こります。
また、気付かないうちに「なんだか痛いなぁ」と言う事から突き指に気づくこともありますよね。

そんな時、突き指くらいで病院になんか行かなくていいやと思う人もいるかも知れませんが、突き指だと思っていたら「骨折・脱臼・腱の損傷・靭帯損傷」などの場合もありますので、医師の診察を受けるのが安心だと言えます。

要注意の突き指

・皮下出血(内出血)が酷い場合
・関節の腫れが酷い場合
・指の変形がある場合
・痛みが酷い場合
・関節が曲げられない場合
・数日経過しても良くならない場合

突き指は整形外科に

突き指になってしまったら何科に行けばいいの?と思う方もいると思います。
突き指は「整形外科」に行きましょう。
接骨院や整骨院の場合だとレントゲンを撮る事ができないからです。
骨折などの事も考えレントゲンを撮ってもらう事が望ましいと言えます。

突き指は引っ張れば治るはウソ

突き指をしたら引っ張れば治る!なんて言って指を引っ張って治そうとする方がいますが、
これは、病状を悪化させる可能性があるのでやってはいけません。
腱や靭帯を損傷させる事に繋がりかねませんので引っ張る事は止めましょう。

突き指の応急処置

・アイシングする(患部を冷やす)
・テーピングで固定する
・安静にする(患部を動かさない)

突き指をしてしまったら、患部を冷やし安静にして様子をみましょう。
要注意の突き指で紹介した様な内容があった場合は、整形外科を受診する事をお勧めします。
突き指の病院は何科に行くの?要注意の突き指の症状とは?
(参考:突き指 wikipedia)

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ