Sponsored Link

ヤニクラ?タバコを吸って頭がクラクラする理由とは?

ヤニクラ

タバコを吸って頭がクラクラはなぜ?ヤニクラって?

タバコを吸う人なら一度は経験したことがある、ヤニクラ
初めてタバコを吸った時や、禁煙してしばらくぶりにタバコを吸った時などに、頭がクラクラっとすることです。

なんで、タバコをヤニと呼ぶか知らない方もいるかもしれないので説明すると、タバコの中に含まれている成分の中のタール植物樹脂の事を「ヤニ」と言う事からです。

ヤニ(タバコ)を吸って頭がクラクラするから「ヤニクラ」と言う事ですね。
本当、そのまんまですね。

ヤニクラは脳が酸欠になるから

ヤニクラ酸欠
タバコを吸って頭がクラクラする事を、ヤニクラという呼び名があるとお伝えしましたが、
なぜ、タバコを吸うと頭がクラクラしてしまうのでしょうか?

その理由は、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素が血流を悪くするため、クラクラしてしまうということです。
簡単に言えば、「脳が酸欠状態にるから」と伝えた方が解りやすいですね。
例え、クラクラしても数分程度で収まってしまう事が多いですが、それだけ体に悪いという事には変わりませんよね。

世界では毎年タバコによって600万人近い人が死亡していると言われているんです。

タバコが及ぼすと言われている害の種類

たばこの害

・動脈硬化
・肺気腫
・肺がん
・脳梗塞
・狭心症
・心筋梗塞
・脳血栓

恐ろしい病気がズラッと並んでいますが、喫煙をすると上記の病気にかかるリスクがあがると言われているんです。
どれもこれも、命の危険を脅かす怖い病名ばかりですよね・・・
最新禁煙グッズはコレ!

また、妊娠中の喫煙は流産や早産の危険性が上昇すると言われていますので、妊娠中の方は早期に禁煙する事をおすすめします。

タバコを吸って、クラクラしたら、それは体が危険にさらされている信号だと思い、1日も早く禁煙をする事をおすすめします。

以上、ヤニクラ?タバコを吸って頭がクラクラする理由とは?でした。
「参考:wikipedia 喫煙 禁煙 WHO神戸センター

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ