Sponsored Link

成長痛の原因と対処法とは?

成長痛の対処法

成長痛の原因と対処法について

成長痛という病気は、実はありません。
原因不明だけれど医学的に問題ない痛みを総称して「成長痛」と呼んでいるのです。
鼻炎などを総称して「かぜ」と呼ぶようなものですね。
しかし、ひどい場合泣いて痛みを訴えることもあり、3歳児から思春期まで患者年齢は幅広くあります。
一方、痛みなど全くなく成長するお子さんもいます。
原因不明とはいうものの、ある程度原因や対処法が明らかになっているのでここにまとめてみました。

成長痛の原因

(物理的なもの)

・昼間の激しい運動の疲れがたまっている
・股関節の血流が悪くなる
・自律神経の乱れ
(精神的なもの)
・いやなことがあった
・もともと神経質な性格である
・下にお子さんができた
・親に構って欲しい
・母親が働き始めた
・親が神経質である

そうなんです、身体の病気というよりむしろ精神的な部分が大きいのが成長痛なんですね。
親の愛情が欲しいから芝居をした? とんでもありません! お子さんにとっては原因不明で“本当に”痛いのです。
不安がもとの病気ですが、症状があらわれることでいっそう不安になっているのです。
それを和らげてあげるのが一番の治療ですね。
対処法はというと以下の方法が有効だと言われています。

成長痛の対処法

・温めたタオルを患部に当ててあげる
・優しくなでる、マッサージしてあげる
・抱きしめて「大丈夫だから」と不安を取り除く
・一緒にいる時間を増やす
・カウンセリングのつもりで、話を聞く時間を取ってあげる

精神的なものではありますが、それをお子さんに言ってはいけません。
大丈夫だよと、優しく声をかけたり抱きしめたりしながら上記のような方法を取ってあげて下さい。
成長痛というのは、確かに病院でできる治療はありません。
しかし、だからといって絶望的な難病ではないのです。
なぜなら、「ママのきめ細かな愛情」という特効薬があるからです。
お仕事のあるママさん、忙しいご両親も多いでしょうが、愛情は量より質です!
もし接する時間が短かったら親子で交換日記をするなど(古典的な方法ですが国語の上達にもつながります)、色々と工夫をしてあげて下さい。子供ってデリケートですから。

以上が、成長痛の原因と対処法とは?でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ