Sponsored Link

子供の偏食の原因とは一体何?子供の偏食について

子供の偏食

子供の偏食の原因について

「子供味覚」という言葉が存在するように「大人っぽい複雑な味は子供には好かれない」という通説があります。
子供は好き嫌いをしますが、ただ叱るのでなく「なんでだろう?」と考えてあげるのも大人の役目ではないでしょうか。
子供の偏食には原因があるのですから。

今回は、そんな子供の偏食の原因についての記事になります。

子供の偏食の原因

1、「親の偏食」
パパかママ(特にママ)に好き嫌いがあるとそれがうつってしまう、という説があります。
遺伝として伝わることもあるでしょうが、大半が「ママが嫌いなので食卓に登場しない、食べたことがない子供はいつしか嫌いになってしまう」というパターンです。

2、「本能」
まだご先祖が原始人だった頃、すっぱいもの=腐っている、苦いもの=毒と認識することによって本能的に食あたりを防いでいたという説があります。今、現代人は「賞味期限」という指標を手に入れほろ苦いビールを飲みすっぱい果物を食べることが平気ですが。

3、「無理やり食べさせられる」
嫌いなら食べないでいいわよと物わかりのいい親になってしまうと、「じゃあ食べなくていいんだ」と好き嫌いが固定されてしまいます。
かといって「食べないと許さないぞ」と居残り給食のようなことをするとイヤな思い出がいっそうその食べ物を嫌いにしてしまいます。
たとえば、ピーマンだったら細かく刻んでアーモンド、じゃこと一緒に炒めるとか、にんじんだったらすりおろしてホットケーキに混ぜてみるとか。
食べさせ方を工夫するだけで「これなら食べられる!」と好きにするチャンスはいくらでもあります。

4、「興味が薄い」
これは大人の食べ物なんだ、自分は食べる必要はないんだと思わせてしまうのもマイナスです。
包丁を持たせるのが怖い年齢だったり、男の子のお子さんだったりするかもしれませんが「一緒に料理してみようね」と共にキッチンに立ち、できることを手伝ってもらうのも方法の一つです。
自分が作ったものなら、どんな味だろう? と食べてみることでしょう。
それが多少まずくても製作過程を知っているだけに興味が湧きます。
まして、美味しかったらこれからも食べたいという気持ちになります。

5、「さして空腹でない」
ちょっとおなかが空いたからと始終お菓子をクチャクチャ食べていて、さあお食事ですよと言われても、小さな胃袋はすでに満腹というケースもあります。
そういう時子供は目についた好きなものだけ食べ散らかし後は残してしまいます。
やはり、フランスのことわざにあるように「空腹は最良のソースなり」ということでしょう。

好き嫌いは、給食や成長に従って無くなってゆくものです。
とはいえ現役パパさんママさんとしては悩みの一つですよね。
お子さんに向き合ってあげて、上手に食べさせてあげましょう。

以上、子供の偏食の原因とは一体何?子供の偏食についてでした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ