Sponsored Link

風邪の時のお風呂は入ってはダメなの?

風邪の風呂

風邪の時のお風呂について

皆さんは風邪をひいた時はお風呂に入りますか?

ひと昔前までだと風邪をひいた時はお風呂に入ってはいけないというのが定説でしたが、今はいろいろな説が錯綜しているようです。
結局のところ、風邪を引いた時はお風呂に入らない方が良いのでしょうか、それとも入っても良いのでしょうか。
今回は、風邪についての雑学になります。

昔の説「風邪の時はお風呂に入ってはいけない」

まず、昔によく風邪をひいた時はお風呂に入るなと言われていたことにはちゃんとした理由があります。
昔のお風呂というと家の外に設置されているタイプか家にはお風呂がなくて銭湯に行くというのが普通でした。
お風呂で濡れて温まった体が夜風にあたり湯冷めを起こすのがよくないという理由だったのです。
また、室内のお風呂が普及した後でも、冷暖房が完備される前は室内でも湯冷めするということが、起こり得ました。

今の説「風邪の時もおふろに入っても良い」

現在では、お風呂から上がった後もしっかりと室内に暖房が聞いていて、湯冷めを起こすことはありません。
ですから、軽い症状の風邪ならば、お風呂に入っても大丈夫です。
むしろお風呂で温まることで血行が良くなり、新陳代謝が上がって風邪を早く治す効果も期待されます。

現代であってもお風呂に入ってはいけない時

風邪
しかし、湯冷めすることのない現代の風呂でも入ってはいけない条件があります。
・熱が38度以上のある時
その時点でかなり体温が上がっているのにさらに体の熱を高めるようなことはしない方が良いです。
・嘔吐や下痢の症状がある時
お風呂に入るというのは水に浸かり体力を消耗する行為でもあります。
嘔吐や下痢がある時はそれだけでかなり体力を消耗するので、体力を使わないように心がけるべきです。

入っても良いとき、入ってはいけないとき、整理できたでしょうか。
軽い風邪だけど汗をかいて気持ちが悪いからお風呂に入りたい、なんて時は遠慮なくお風呂に入ってくださいね。
ただし部屋を暖めて、体力を奪われないようにほどほどに。
また、調子が悪い時は早めに医者に行きましょう。

以上、風邪の時のお風呂は入ってはダメなの?でした。
(参考:風邪wikipedia)

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ