Sponsored Link

秋に多い病気とは?注意したい4つの病気について

秋に多い病気

秋に多い病気とは?

1、以外に多い秋の食中毒!注意が必要です。

食中毒が多い季節は夏だと思いませんか?
しかし、一番食中毒が多い季節は秋が多いようです。
10月の発生件数が一番多く、次いで8月と9月になります。
秋の季節は、行楽や運動会、祭りなどの行事が多く野外での調理や野外での食事の機会が多いことが食中毒の発生件数に影響しているようです。
野外に置いても調理の加熱時間や衛生管理の徹底、手洗ううがいの徹底を心掛けることで、食中毒の予防をすることができるでしょう。
また、紅葉や紅葉狩りに出掛けて、きのこなどを採取して食べることも慣れていない方はしない方が良いようです。
食中毒を起こす方もいるようです。注意が必要になりますね。

2、風邪や花粉症にも気を付けて下さい。

はっきりと症状が明確ではない『風邪』が流行したりします。
夏バテなどで体力や免疫力が低下しているまま『秋』を迎えてしまい、夏のスタイルで生活すると風邪や花粉症に罹患してしまう方もいるようです。
秋は夏に比べて、気温の変化が激しくなるため、朝と夜は涼しくなりますよね。
そのため、着る物で温度変化に対応したり、体力を付ける食事を心掛けるなどして風邪や花粉症に対抗することが望まれるようです。
休憩時間やおやつに生姜入りの紅茶などを飲むと良いようですよ!

3、ぜんそくにも注意!

秋は気温が低下するのに加えて湿度も低下します。
そのため、地表付近で放射冷却現象が起きて、空気の対流が上手く行われずに、汚れた空気が地表付近に停滞してしまうようです。
このことが影響して、ぜんそくを持っている方などにぜんそくの症状が出たりすることも多いようです。
そのため、手洗い・うがいを励行することと体力をつけるためにスタミナのある食事を摂ることをおススメします。

4、うつの症状に注意!

夏のライフスタイルを変えないと、気候の変化に脳がついてゆかずに『うつの症状』が出てしまう方もいるようです。
気候に合わせて、ライフスタイルも変化させることが大切なようです。

秋は、食中毒や風邪・花粉症、ぜんそくなどが多くなる季節ということを知りました!
手洗いとうがいを心掛けることと気候の変化に合わせていくことを頭の片隅に入れて生活したいですね。

以上、秋に多い病気とは?注意したい4つの病気についてでした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ