Sponsored Link

水のがぶ飲みは危険?水分の摂り過ぎにも注意が必要な理由とは?

水の摂り過ぎ

水分の摂り過ぎには注意が必要

暑い夏の季節水分がたくさん必要となりますよね。
ちょっとした運動をしただけでも水分が欲しいと思うことがあります。

水分が欲しくなる理由について…。喉が渇くメカニズム。

人の体は60%が水分で構成されています。
この水分のバランスが少し崩れただけでも脱水症状になってしまうため、人が適度な水分補給が必要となります!
次に、喉が渇くメカニズムについて説明を加えます。
脳は血液の塩分の量を感知して、血液中の塩分の濃度が上がると、脱水と判断して脳が『水分補給』の指令を送るようになっています。
もう1つ、口や喉に水分補給のセンサーがあると言われています。
喉が渇き水を飲むと飲んだ水は井の中に溜まり、そこから腸へ移動して血液の中に送り出されます。
血液中に水分が供給されるまでに時間が掛かるため、脱水が改善されたと脳が判断するに至るまでに水分を多く摂り過ぎてしまうこともあります。
これを防ぐために、口や喉には冷たいという刺激や濡れたという刺激を感じるセンサーが存在し、脳は水分の必要性を判断していると言われています。

②『水分』の人に与える効果について。

水分の効果についての説明になります。
適度な水分の補給は、ダイエット効果や美肌効果、デトックス効果、リンパの流れの改善効果、疲労回復や体力向上、便秘改善などの効果も実証されているようです。

③水分を摂り過ぎてしまうと危険です。

体の中に必要な水分ですが…。摂り過ぎは危険なようです。
水分は摂り過ぎると、血液中の塩分の濃度を下げてしまいます。
そのため、体の中のイオンバランスが崩れてしまい、水中毒と言われる症状が出現してしまうようです。
余談ですが、水中毒はスポーツ選手などにも起こりやすい症状と言われています。
水中毒は、意識を混濁させたり、腎障害やむくみなどの症状を引き起こし、最悪の場合、死に至るケースも報告されている症状になります。
そのため、水を適度に補給して暑い夏を乗り切りたいですね!
季節により多少異なりますが…水分の摂取量は、1日2ℓ位が目安とされています。

以上、水のがぶ飲みは危険?水分の摂り過ぎにも注意が必要な理由とは?でした。

(参考:水中毒wikipedia)

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ