Sponsored Link

一体何度から?暑い寒いと感じる気温について

寒い暑いと感じる気温

暑い寒いと感じる気温とは

夏は「暑い」と感じ、冬は逆に「寒い」と感じますよね?

なぜ、人は寒いとか暑いとかを感じることができるのでしょうか…。
寒いときには、鳥肌が立ち、暑い時には汗がたくさん出てきます。
喉も渇きますよね。
人間の体の仕組みは不思議でいっぱいなようなので、暑いと寒いを感じる仕組みについて説明をしていきます。

人が温度を感じる仕組みについて

人には温点や冷点という感覚の受容器が存在しており、温度を感じることができるようになっています。
また、温点と冷点は皮膚の表面や内部に存在しているようですよ。
その名の通り、温点は『暑さ』を冷点は『寒さ』を感じ取り、冷点の数は温点の数よりずっと多く存在し、皮膚の表面近くにたくさんあるようです。

体温を調整するメカニズムとは?

暑さ寒さにあまり関係なく、体温は一年を通して一定の温度を保っています。
風邪をひいた時は別となりますが、風邪をひいている時には体の中のモノが細菌と戦い熱を発している為に、体温が上がっていることが判っているようです。
人の体は、暑い時には熱を放出し、寒い時には体内で熱を作り出し、体を出入りする熱の調節を保って体温を一定に保っています。
例えば、寒い時には皮膚の血管を収縮さて皮膚の表面の温度を下げて逃げる熱を少なくしています。
体が寒さで震える時も、震えで熱を発生させ、寒さで失う熱を補っています。
暑い時には、皮膚の血管を拡大させて皮膚の表面の温度を上げて、体の熱を放出しやすくしたり、発汗することで体温を下げたりしています。
これが、一例ですが体温を調整するメカニズムとなります。

暑い・寒いと感じる気温について

実験や文献により多少異なるようですが…。
一般的に「暑い」と言われる気温が28℃から37℃となり、ちょうどいい温度が27℃から23℃となり、肌寒い温度が15℃から22℃となり、寒いが8℃から14℃となっているようです。
しかし、着ている服や代謝などでも暑さ・寒さを感じる気温差があるようです。
暑さ・寒さを感じる気温を理解して、暑さや寒さを上手く調整して生活をしていきたいものですね!

以上、一体何度から?暑い寒いと感じる気温についてでした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ