Sponsored Link

食物繊維を摂り過ぎると便秘が酷くなるって本当?

食物繊維

食物繊維の摂りすぎで便秘がひどくなる!?

みなさんは食物繊維と聞くとどんな効果を思い浮かべますか?

多くの人が「便秘改善」を思い浮かべると思います。

たしかに便秘の解消に食物繊維は効果的です。
しかし、食物繊維をとりすぎてしまい便秘がひどくなってしまうケースもあるのです。

今回はそんな食物繊維の摂りすぎに関するお話をご紹介します。

食物繊維の種類と効果

食物繊維効果
ひとくちで「食物繊維」と言っても、食物繊維には2つの種類が存在します。

「水溶性食物繊維」「不溶性食物繊維」の2種類です。

水溶性食物繊維
水溶性食物繊維は水に溶ける性質があり、便に水分を与える効果があります。
そのため硬くなってしまった便も水溶性食物繊維を摂ることで、排出しやすくなるのです。
不溶性食物繊維
不要性食物繊維は水溶性食物繊維とは違い、水に溶けることがないため便のかさ増しをしてくれます。

食物繊維の摂りすぎで便秘がひどくなる理由

便秘の理由
食物繊維にはふたつの種類があることは分かりましたね。
ここで注目したいのは「不要性食物繊維」です。
不要性食物繊維は便のかさ増しをしてくれます。
便がかさ増しされると大腸が刺激され、ぜん動運動が活発になります。
ぜん動運動とは便を肛門に送り出す動きなので、通常であれば便秘が改善されます。

しかし腸の機能が低下してしまっている場合、
いくら不溶性食物繊維を摂ってもぜん動運動が活発にならずただ腸の中に便が溜まってしまうという状態になってしまうのです。

つまり、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよくとる必要があるということです。

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が含まれている食べ物

水溶性食物繊維
それぞれの繊維をバランスよく摂るには、どんな食材にどの繊維が含まれているのかを知らなければいけませんよね。

水溶性食物繊維が豊富に含まれているのは、海藻類や大麦や雑穀などです。

不溶性食物繊維は葉物野菜、キャベツや春菊などに含まれています。

また、じゃがいもやごぼう、プルーンや納豆などは両方の食物繊維を含んでいます。

食物繊維は確かに便秘改善に大きな効果を発揮します。
しかし、摂りすぎれば逆効果になってしまうことも…。
なにごともほどほどが肝心ですね。
以上、食物繊維を摂り過ぎると便秘が酷くなるって本当?でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ