Sponsored Link

眠れない夜に上手に眠る4つのポイント

寝れない夜寝る方法

眠れない夜に上手にぐっすり眠る方法とは?

睡眠は人間の三大欲求のうちのひとつ。
しっかりとした睡眠をとることが毎日の生活を充実させるためのポイントにもなるわけですが、どうしても眠れない夜がやってくることってありますよね。

中途半端な時間に寝てしまった?
次の日になにか心配事でもある?
生活リズムが狂ってしまった?

寝付けない理由は様々あるとは思いますが、今回はそんな眠れない夜に上手に眠る方法をいくつかご紹介しましょう。

眠れない夜に上手に眠る方法

寝る方法
眠れない夜に上手に眠る方法で大切なのは、就寝時もしくは就寝前の準備です。
寝る前に環境や体調を整えることで上手に眠りにつけるようになるんです。

睡眠のための環境を整える
まずは、睡眠をする寝室の環境を整えましょう。
睡眠の際の部屋の環境で気をつけたいポイントは室温・湿度・音・光の4つです。

睡眠に適した室温は、夏なら26~28℃、冬なら18~23℃程度となっています。
睡眠に入る3時間くらい前から部屋の温度を調整するようにしましょう。

湿度は50%程度に保つようにしましょう。

基本的に睡眠時は音がないほうがいいでしょう。
そのため、家族が歩く音や物音、外の騒音などが気になる場合は耳栓を使うといいでしょう。

睡眠には、光が完全に遮断されている状態、真っ暗な状態が適しています。
人間の生活環境のいたるところに光が使われています。
証明はもちろんですが、スマホの画面やコンセントのタップ部分、月の光など…。
こういった光をしっかりと遮ることが大切です。
アイマスクを使えば簡単に真っ暗な状態を再現することができます。

このようにまずは睡眠の前に室温・湿度・音・光といった環境をしっかりと整えるようにしましょう。
そして、寝る1時間前くらいにホットミルクを飲んでみてください。

ミルクにはトリプトファンと呼ばれる成分が含まれており、このトリプトファンは睡眠と深い関係があります。
また人間は体温の低下とともに眠気を感じる傾向にあります。
そのため、一度ホットミルクで体温をあげて、時間の経過とともに徐々に体温が下がっていくことで眠気を感じることができます。

布団に入ってから「なかなか寝れない…。」と思っても、そこからすぐに眠りにつくというのはなかなか難しいことかもしれません。
事前に睡眠に適した環境を整える癖をつけた方がいいかもしれませんね。
以上、眠れない夜に上手に眠る4つのポイントでした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ