Sponsored Link

カフェインを摂り過ぎると危険!副作用やカフェイン中毒が。。

カフェイン

カフェインの摂りすぎで起こる副作用とは?

朝の目覚めの一杯に…、仕事の休憩に…。
コーヒーを毎日のように飲んでいるという方は多いですよね。

そんなコーヒーに含まれるカフェインの摂りすぎは、体に良くないって知ってましたか?
今回はカフェインの摂りすぎで起こる副作用のお話です。

カフェインは適量ならば体に良い事も!

カフェイン適量

副作用の前に、カフェインを適量飲んだ場合の作用もみておきましょう。

覚醒作用…中枢神経の興奮による集中力アップ。眠気対策としてもよく使われますよね。
利尿作用…カフェインには利尿効果があり、時と場合にもよりますが基本的に利尿効果は体にいいものです。
頭痛の緩和…カフェインには血管を一時的に収縮する効果があるため頭痛を緩和する効果があります。
脂肪燃焼効果…カフェインには脂肪を燃焼させる効果があり、カフェイン摂取を取り入れたダイエットもあります。

このようにカフェインにはいろんな作用がありますが、多くの人は覚醒作用を目的としているのではないでしょうか。

カフェインを摂り過ぎた場合の副作用

カフェイン副作用

さて、気になるカフェインの副作用をみていきましょう。

胃痛…カフェインには胃酸の分泌を促す働きがあります。そのため特に空腹時にカフェインを多く摂取すると胃痛を感じることも…。
貧血…カフェインには鉄分、亜鉛、ミネラルの吸収を阻害する効果があるため、過剰なカフェイン摂取は貧血の元にもなります。
不眠症…カフェインには覚醒作用がありますが、過度に摂取すると睡眠の質が下がり不眠症になってしまうこともあります。
カフェイン中毒…カフェインを日常的に大量に摂取するとカフェイン中毒になり、頭痛、集中力の低下、気分の落ち込みといった症状が出ることもあります。

カフェインにはいい効果がある反面、気になる副作用もあるんですね…。

今回はカフェインの作用と副作用を簡単にご紹介しました。
しかし、今回紹介した副作用はあくまで「摂りすぎた」場合のものです。

カフェインが良い効果をもたらしてくれるといわれている摂取量は1日に200mgです。
これはインスタントコーヒー(1杯150ml)であれば、種類にもよりますが2~3杯程度のカフェイン量にあたります。
もちろんカフェインの効果は個人差もあるので、自分にあった量を飲むようにしましょう。

以上、カフェインを摂り過ぎると危険!副作用やカフェイン中毒が。。でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ