Sponsored Link

歯茎が腫れる原因と緊急時の対処法とは?

歯茎

歯茎を押すと痛い・・・歯茎が腫れる原因と対処法

朝起きたらなんだか少し歯茎が腫れている気が…。
歯ブラシが当たると少し痛みが…。
歯茎を押したら痛みが・・・。

ふとしたときに感じることのある歯茎の腫れ。
その原因と対処法を今回はご紹介しましょう。

歯茎が腫れる考えられる原因は?

歯茎が腫れる原因

歯茎が腫れる原因はひとつだけではありません。

体調不良
体に疲れがたまっていたり、寝不足が続いていたりすると歯茎が腫れることがあります。
この場合は歯や歯茎そのものに問題があるわけではありません。
人によっては、風邪などを引いた時などにも痛くなる事もあります。
また、急にスポーツなどを行った時なども、歯茎が痛む事もあります。

間違った歯磨き
歯磨きはみなさん毎日していると思いますが、実は正しい歯磨きができている人ってそんなに多くありません。
間違った歯磨きを毎日続けても、口の中の汚れはなかなか落ちません。
口の中が汚れたままだと細菌が増え、この細菌が歯茎の腫れと原因となることがあります。

治療後の歯(または治療中の歯)
歯の治療中に細菌が入る事があります。
そのまま詰め物をした場合には、体調不良などの際に歯の中に潜んでいる細菌が繁殖、その後歯茎の腫れへと繋がる恐れがあります。

親知らずの磨き残し
親知らずは奥のほうに生えるため、どうしても磨き残しが出やすくなってしまいます。
そのため、この親知らずの周辺の歯茎が腫れやすいというケースもあります。

緊急時の歯茎の腫れの対処法は?

歯医者

歯茎が腫れが出てしまった場合はどのような対処をすればいいのでしょうか?

痛みをやわらげる
歯茎に腫れを感じたら一番いいのは歯医者に行くことです。
しかし、なかなかすぐに歯医者に行けないというケースもあるでしょう。

そんなときは、まず腫れや痛みをやわらげるようにしましょう。
簡単なのは冷やすこと、そして市販の痛み止めを飲むことです。
管理人の経験上では、コンジスイとんぷくがよく効きます。
歯痛用の今次水が有名な丹平製薬株式会社の歯痛用の頓服です。

柔らかい歯ブラシで歯磨きを
歯茎が腫れる原因の多くが、口の中の細菌によるものです。
そのため、もし腫れがそこまでひどくなく痛みも少ないようであれば一度しっかり歯を磨いて口の中を清潔にしてみましょう。
このとき、できればやわらかめの歯ブラシを使うようにしてください。
そして、うがい薬などでの消毒もしてみましょう。

歯医者で診てもらう
歯茎の腫れの原因が体調不良であれば、しっかりと休息をとって栄養のある食事を摂ることで腫れは引いていきます。
しかし、歯茎の腫れがなかなか引かないようであれば歯周病などの可能性があります。
一度しっかり歯医者で診てもらい、歯茎の腫れの原因を突き止める必要があるでしょう。

歯茎の腫れは意外と放置してしまう人が多いですが、放っておけばどんどん症状は悪化していき最悪、歯が抜ける原因にもなります。
なるべく早い段階に処置をするようにしましょう。
以上、歯茎が腫れる原因と緊急時の対処法とは?でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ