Sponsored Link

げっぷが多い。げっぷがよく出るのは病気のサインかも!?

げっぷ

げっぷが良く出る病気とは?

普段の生活の中でふとした拍子に出てしまうげっぷ。
げっぷは誰でも出るものなので、げっぷが出てしまうこと自体はなんら問題はないですし、異常なわけでもありません。
しかし、周りの人と比べてげっぷが良く出てしまう人はなにか病気を患ってしまっている可能性がるかもしれません。

そもそもなぜげっぷが出るのか?

げっぷが出る理由
みなさんは、そもそもなぜげっぷが出るかご存知ですか?
げっぷは胃の中に溜まった空気が、食道を通って口から出ることで起きるものです。

そんなげっぷが出る主な原因には次のようなものがあります。

早食い
空気は食べ物や飲み物と一緒に胃や食道に入り込みます。
そのため早食いが癖になっている人は、胃や食道に入りこむ空気の量も多いためげっぷが出やすくなります。

緊張やストレス
「息を飲む」まさに緊張をしているときなどによく使われる言葉ですよね。
緊張やストレスが多いと無意識のうちに息やつばを飲み込むことが多くなり、げっぷの原因となります。

腸や胃の機能の低下
腸の機能が低下すると本来おならとして出るはずのガスがうまく排出されず、口からげっぷとして出る場合があります。

また胃の機能が低下すると、胃の中の圧力が高くなってしまいげっぷが出やすくなってしまいます。

げっぷが良く出る病気とは?

げっぷ病気

一般的な生活を送っているだけでも、げっぷは出るものです。
しかし、げっぷが良く出る場合なんらかの病気を患ってしまっている可能性があります。

胃潰瘍
胃潰瘍は胃液が過剰に分泌されてしまい、粘膜が消化されてしまう病気です。
胃酸を含んだような酸っぱいげっぷがでることがあります。

逆流性食道炎
食道にある胃酸の逆流を防ぐ弁の機能が低下することで、胃酸が逆流するのが逆流性食道炎です。
胃酸の逆流とともにげっぷが出るようになります。

胃がん
胃に腫瘍ができてしまうと腸と繋がっている出口が狭くなり、胃の内圧の上昇につながります。
その結果げっぷの回数が多くなることがあります。
げっぷが良く出るという場合には、慢性胃炎、食道がん、小腸や大腸の病気の可能性も考えられます。
気になるようであれば、一度病院を受診したほうがいいでしょう。

以上、げっぷが多い。げっぷがよく出るのは病気のサインかも!?でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ