Sponsored Link

足汗がひどい原因や対処法とは?おすすめ足汗対策!

足汗

足汗がひどいときの原因と対策方法

夏じゃないのに足汗がひどい…。
運動しているわけでもないのに足汗が…。

そんな不快な足汗がひどい原因と対処法をご紹介していきます。

足汗がひどい原因は?

足汗原因
汗が出る原因として考えられるのは、主に次の3つになります。

・体温調節
体温調節というのは体の中に熱がこもってしまった際に、汗を出して体を冷やそうとする機能のことです。
運動したら汗が出る。
暑いところに出ると汗が出る。
このように一般的に出る汗は、この体温調節によるものがほとんどです。
つまりこの体温調節によって出る汗は、出て当たり前ということですね。

・精神性発汗
精神性発汗とは、緊張やストレス、不安などを感じることで汗が出ることをいいます。
よく緊張すると「手に汗を握る」と言いますよね。
これは緊張やストレス、不安が原因となり自律神経の働きが活発になってしまい汗が出るようになるのです。
強い緊張やストレス、不安を過剰に定期的に受けていると自律神経の働きが狂ってしまい、足汗がひどくなってしまうことがあります。

・多汗症
足汗がひどい原因は、多汗症という病気の可能性があります。
多汗症とは文字通り汗を多くかいてしまうことをいいます。

そして多汗症によって汗を多くかいてしまうと、その汗を多くかいてしまうことにストレスや不安などを感じてネガティブになり、精神性発汗も起きてしまう悪循環に陥りやすいです。

このように汗が出る原因は主に3つ考えられますが、極端に足汗がひどいという場合は「精神性発汗」と「多汗症」が原因として考えられます。

ひどい足汗の対策は?

足汗対策
足汗がひどいと感じている人の多くが、「すぐに足汗をなんとかしたい。」と考えているでしょう。
一番良いのは根本的な原因を解決する方法です。
しかし、実際には精神性発汗や多汗症を根本的に解決するためには、それなりの時間と根気が必要になります。

まずは、ひどい足汗を一時的に止める方法をご紹介していきます。

方法1…首の後ろを冷やす

体の一部分を冷やすことで全身の汗を止めることができます。
足汗をかいていると足そのものを冷やそうと考えがちですが、太い血管が通っている首の後ろを冷やすようにするといいでしょう。

方法2…ハッカ油スプレーを使う

ハッカ油にはメントールが含まれており、体に塗布すると「冷たい」という感覚を覚えるためそれに伴い汗も引いていきます。
薬局などで販売されているハッカ油を体に直接すると、「冷たい」を通り越して「痛い」と感じることがあります。
特に肌が敏感な人は、ハッカ油をエタノールと精製水で希釈してスプレー容器に入れて使うようにしましょう。

方法3…制汗剤を使う

最も簡単な方法は市販の制汗剤を使う方法です。
市販の制汗剤には、ローション、クリーム、スティックなど様々なタイプがありますが、状況に合わせて使いわけるようにするといいです。
外出前など人の目を気にしなくていい場所では、クリームタイプの制汗剤を使いしっかり肌に塗るようにしましょう。

外出先など人目が気になる場所では、さっと簡単に使えるスプレータイプなどをトイレで使うといいでしょう。

ここで紹介したものは、あくまで一時的に足汗を止める方法です。
しかし、汗が出れば出るだけ本人としては気になってしまいますし、気になれば気になるほどその焦る気持ちに反応するように汗がさらに出るという悪循環にも陥ります。
そのため、もちろん根本的に足汗がひどくなる原因を解決することも大切ですが、その場で足汗を一時的に止める方法を知っておいて実践することも大切なのです。

足汗を治す治療方法

足汗治療方法
一時的ではなくもっと確実に足汗を治したいと思っている方もいらっしゃると思います。
次は、足汗の主な治療方法を紹介していきます。

治療法1…塩化アルミニウムの塗布

この治療法は、塩化アルミニウム水溶液を足の裏などの汗が気になる場所に塗って、汗が出る汗腺を細くする治療法です。
足汗の治療法としては、最も手軽なもので皮膚科などに行くと最初に行われることが多い方法です。

効果には個人差があり「毎晩塩化アルミニウム水溶液を塗ることで足汗が気にならなくなった」という人もいれば、「塗り続けるうちに効果がなくなってきた」という人など様々です。

治療法2…ボトックス注射

この治療法は、汗腺の働きを衰えさせるボツリヌストキシンを汗が気になる場所に注射する治療法です。
注射にかかる時間も少なく副作用の心配も少ないのですが、効果の持続期間が3ヶ月~1年程(効果にはかなり個人差がある)です。
そのため、ボトックス注射で永遠に足汗を止めるならば、効果が切れるたびに3万円程度(保険適用時)の注射代が必要になってしまいます。

治療法3…腰部交感神経節ブロック

これは足裏の汗腺の働きコントロールしている交感神経にブロック針を注射して、薬液を注入する治療法です。
そうすることで、交感神経の「汗を出せ」という足裏の汗腺への指令を遮断することができ、汗を止めることができます。
指令そのもを遮断するわけですから、効果はかなりあります。
しかし、その反面高い確率で「代償性発汗」という副作用が発生します。
代償性発汗とは、それまで出ていた足の汗が他の体の部位から出るようになってしまう症状です。
腰部交感神経節ブロックの治療を受けて足の汗が止まったと思ったら、今度は他の部位の汗の量が多くなってしまい結局汗の悩みから抜け出せないというケースも少なくありません。
そのためこの治療法は、あまりおすすめできるものではありません。

足汗の治療法として主なものはこの3つです。
まずは最も手軽で治療費もかからない塩化アルミニウム水溶液を使った治療法の実践を試みたほうがいいでしょう。
参考サイト:足汗ラボ

以上、足汗がひどい原因や対処法とは?おすすめ足汗対策!でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ