Sponsored Link

足をつる原因と対処法とは?

足をつる原因

足をつる原因と対処法について

朝足の痛みで目が覚めて悶絶する、運動中に突然足が痛くなって立ってもいられなくなる、そんな経験がありませんか?
「足がつる」というやつです。
足がつると痛いですよね。
できれば足はつりたくないし、つってしまったら早く治したいものです。
そこで今回は足がつる原因とその対処法をお知らせします。

足をつる原因

まず、足がつる原因についてご紹介します。
そもそも足がつるとはどういう状態をさすのかというと、筋肉が痙攣を起こすということをさします。
その原因は様々ありますが、いくつか重なって起きることもあります。

・筋肉疲労
疲労物質である乳酸菌が筋肉に溜まることで起こります。
運動のしすぎでまさに筋肉が疲労している時にもなりますし、普段使っていない筋肉を突然使ったときにもなりがちです。
・栄養不足
特定の栄養素のバランスが崩れていたり、足りなかったりすることで起こります。
具体的にはミネラルのバランスが乱れることや、ビタミンB1、タウリンの不足などです。
・体の冷え
体が冷えることで血行が悪くなり筋肉が痙攣します。

足がつる対処法

次に足がつってしまった時の対処法をお知らせします。
・筋肉を伸ばす。
足がつっているということは、筋肉が収縮して伸びなくなっているということなのでつっている筋肉を伸ばすのが効果的です。
足の裏の筋とアキレス腱を伸ばすのが良いでしょう。
・血行を良くする。
血行が悪くなって足がつっているときは、足の脛をさすったりマッサージをして足の血行が良くなるようにするのが効果があります。
・ツボを押す
ふくらはぎの筋肉の下にある承山というツボはふくらはぎがつったときに効きます。
足の薬指の付け根の下にある足臨泣というツボは足の裏がつったときに効きます。

いかがでしたか。運動をする前にはストレッチをしっかりとして、栄養をバランス良く取り足がつる原因になるようなことはできるだけ避けましょう。
その上で、足がつってしまったときは対処法をつかって早く痛みから逃れられると良いですね。
以上、足をつる原因と対処法とは?でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ