Sponsored Link

水虫だけじゃない!足の皮がむけてしまう4つの理由

足の皮

あ・・・足の裏の皮がよくむけてしまう…

家に帰って靴下を脱いでふと足裏を見たら皮がむけてる…。
最近、足の裏の皮がよくむけるようになってしまった…。
普段は足の裏なんて気にしないけど、夏の時期は素足が多くなるから足裏を気にしたら皮が…。

もしかして…これって水虫!?

ちょっと待ってください!
足の裏の皮がむける原因は水虫だけではありません。

今回は足の裏の皮がむけてしまう主な理由をご紹介します。
足の皮がむける

角質が生まれ変わって皮がむける

足の裏というのは普段人の全体重を支えています。
そのため、他の部位に比べて角質がとても厚くなっています。

この角質が古くなると、少しずつ剥けてくるんです。
乾燥が原因で角質が厚くなることもありますよ。

汗疱が原因で皮がむける

汗疱とは、体の汗を出す機能が正常に働かずに、皮膚の中に汗がたまってしまう病気です。
汗疱の症状はパッと見水虫と似ているため、多くの人が汗疱を水虫と勘違いしてしまいます。
しかし、汗疱は水虫とは別物です。

水虫は人に感染しますが、汗疱の場合は人に感染することはありません

とは言っても症状がひどいと湿疹などが出てしまうこともあります。
もし症状が酷いようなら一度病院で受診したほうがよいでしょう。

多汗症が原因で皮がむける

多汗症とは汗を通常より多くかいてしまう症状のことです。
足の裏に通常より汗を多くかてしまうと皮がふやけてむけてしまうことがあります。

白癬菌が原因で皮がむける

白癬菌が原因、つまり俗にいう水虫になってしまっているということです。
水虫になると、指の間などに水ぶくれが出来たり、ひび割れを起こしたり、爪になんらかの変化があらわれたりします。

こういった場合はまずは病院を受診しましょう。

以上が足の裏の皮がむけてしまう主な原因になります。
足の裏の皮がむけてしまうと、水虫と勘違いしてしまう人が多いと思います。
しかし、勝手に水虫と判断して市販の薬を使ってしまったりすると余計に症状が悪くなってしまうこともあります。
自分で判断せずに一度病院を受診しましょう。

以上、水虫だけじゃない!足の皮がむけてしまう4つの理由でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ