Sponsored Link

人間ドックは何歳から受けた方がいい?

人間ドック

人間ドックは何歳から受けた方がいいのか?

テレビなどをみるとよく人間ドックの特集などが組まれていますよね。
そういった番組を見るたびに「健康って大切なんだな…。」と思って自分も人間ドックを受けるべきか悩んだりしますよね。
でも、人間ドックっていったい何歳から受ければいいのでしょう?

人間ドックは何歳から受ければいいのか?

人間ドック何歳
人間ドックというものは、国などから強制的に受けるように指示されるものではありません。
自発的に行くものだからこそ、何歳から受ければいいのか分からないですよね。

基本的に人間ドックを受けるのに「何歳から」というような決まりはありません。
そのため20代から毎年人間ドックを受けるようにしている人もいれば、30代、40代からというような人もいます。

人間ドックの目的は「自分の健康状態の把握」です。
今自分の体の健康状態はどうなっているのかを、人間ドックを通してしることができるのです。
そして、人間ドックを通して病気を発見することができれば、早い段階で病気に対する処置をすることができます。

病気には、実際にその症状が出てしまう頃には治療が困難になってしまうものもあります。
日本人の死因で多いと言われている病気のひとつに「がん」があります。
最近では20代~30代の人のがんの発症率が増えています。

こういった点から考えるとやはり20代のうちから人間ドックを受けた方がいいでしょう。
人間ドックは年に1回1日の時間を空けて、お金さえ払えば受診することができます。
会社の健康保険組合に加入していると、人間ドック受診の際に補助金を出してくれるところもあります。
国民健康保険に加入している場合でも、自治体によっては一定の年齢を超えたら補助金が出るようになったりもします。

20代のうちから補助金が出るというのは少ないかもしれませんが、
もし自分の体の中で知らず知らずのうちに病気が進行してしまっていれば、病気の発症に気付いたときには多額の治療費がかかるケースもあります。

よく煙草を吸っている、お酒を飲み過ぎている、運動不足、
自分の健康に自信がない人ほど若いうちから人間ドックを受診した方がいいといえるでしょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ