Sponsored Link

早期発見が大事!健康診断と人間ドックの違いとは?

人間ドックと健康診断

健康診断と人間ドックの違いは?

健康診断と人間ドック。
どちらも健康のために必要なことだというのはなんとなく分かりますが、
意外とこのふたつの違いを知らないという人も多いのではないでしょうか?

今回は健康診断と人間ドックの違いについてご紹介しましょう。

健康診断と人間ドックの目的は?

人間ドック
健康診断と人間ドック。
このふたつはどちらも大きな目的は同じです。

「現時点での健康状態を把握し、以上の早期発見と健康の維持」のために行われます。

健康診断と人間ドックの定義は?

健康診断
健康診断と人間ドックは、目的は一緒ですが定義に違いがあります。

健康診断の定義
健康診断は1年毎に1回以上の診断が義務付けられています。
これは、労働安全衛生法によって定められているのです。
そのため健康診断は職場や住んでいる地域などで定期的に行われているのです。

人間ドック
人間ドックの検査に法的な強制力はありません。
健康診断と違い、あくまで受けたい人が受けるものなのです。

検査項目の違い

人間ドック違い
健康診断と人間ドックでは検査できる項目に違いがあります。

健康診断は、糖尿病や生活習慣病のリスクに関係する検査が主です。
人間ドックと比べると検査項目が少なく、検査自体も簡単なものが多いです。

反面、人間ドックは検査できる項目が多く、自分の好きなように検査項目を選ぶことができます。
つまり、がんに不安があるならがんドックを受けたり、女性特有の病気に不安があるならレディースドックなどといったような選択をすることができるのです。

費用の違い

費用
健康診断と人間ドックでは費用に大きな差があります。

健康診断は、1年毎の1回以上の診断が義務付けられており、
その費用も会社が負担してくれたりする場合が多く1万円ほどで受けられることもあれば、無料で受けられることもあります。

しかし、人間ドックの受診はあくまで任意です。
そのため、費用も高額です。
自分の好きなように検査項目を選択することができ、検査項目が増えれば増えるほど費用も高くなっていきます。
一般的な人間ドックの場合は2万円~5万円程度ですが、専門ドックの項目を増やしていくと10万円を超えることもあります。

このように健康診断と人間ドックは目的は同じでも内容や費用が大きく違ってきます。
自分の年齢や健康状態を考慮してどちらを受診するか決めるといいでしょう。
以上、早期発見が大事!健康診断と人間ドックの違いとは?でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ