Sponsored Link

インフルエンザの感染期間はいつまで?いつまでうつるの?

インフルエンザいつまでうつる

インフルエンザはいつまでうつる?

かかってしまうと高熱にうなされたりドクターストップがかかったりと色々大変なインフルエンザ。
家族がインフルエンザにかかったら、いくら家の中で他の家族の移らないように隔離すると言っても看病をしたりしなければいけませんよね。
そんな時に気になるのが、インフルエンザがいつまでうつるのか?ということだと思います。
今回はインフルエンザの感染期間についての豆知識になります。

インフルエンザの感染期間は?

感染期間とはその名のとおり、他者にウイルスが感染してしまう可能性がある期間のことをいいます。

インフルエンザの感染期間は「発熱の1日前から3日目がピークであり、7日目まで感染の可能性がある」と言われています。
もし家族にインフルエンザに感染した人が出てしまった場合は、この期間を目安にするといいでしょう。
とは言っても病院にいけば、一緒にどれくらい学校や会社を休ませるか、いわゆるドクターストップの期間も教えてもらえるとは思いますが…。

ここでひとつ注意してほしいことがあります。
それはインフルエンザの感染期間は発熱前にもあるということです。

インフルエンザには潜伏期間というものがあります。
潜伏期間とは病原体に感染してから、実際に症状が発症するまでの期間のことをいいます。

インフルエンザの潜伏期間は平均2日間といわれています。

例えばAさんがインフルエンザの病原体に感染してしまうとします。
しかし、病原体に感染しても高熱などの症状がすぐに発症してしまうわけではありません。
潜伏期間がありますからね。

この潜伏期間の最中にインフルエンザの病原体に感染してしまっているAさんと接触があったりすると、
インフルエンザがうつってしまう可能性がある
のです。

インフルエンザの潜伏期間の状態にある人を見分けることは、普段の生活の中ではできません。
こういった理由もあることから、インフルエンザの予防が大切だと言われているのです。
インフルエンザの流行る冬は「手洗い」「うがい」をしっかりとしましょう。

いかがでしたか?
インフルエンザは潜伏期間の他人への感染の可能性もあるため、とても厄介です。
しっかりと予防を忘れずにしましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ