Sponsored Link

インフルエンザ時の解熱剤の使用は注意が必要!

インフルエンザ熱

インフルエンザ時に解熱剤を使ってはダメ?

インフルエンザにかかると急な高熱が襲ってきて、本当に辛い思いをしますよね。
そんなときにふと頭をよぎるのは、「解熱剤」の使用です。

熱が辛くて仕方がない…。
子どもが熱でうなされていて、どうにかしてあげたい…。

こんなとき解熱剤を使いたくなってしまいますが、少し待ってください。
今回は、インフルエンザ時の解熱剤の雑学になります。

インフルエンザ時に解熱剤は使ってはダメ?

インフルエンザ解熱剤ダメ
実はインフルエンザにかかった場合、使う解熱剤によっては重大な合併症を引き起こしてしまう可能性があります

インフルエンザ脳症、インフルエンザ脳炎、ライ症候群など最悪の場合死に至るケースもあります。
特に子どもの場合は、大人に比べてこれらの症状が出やすいため解熱剤の使用は細心の注意が必要です。

注意したい解熱剤の成分

インフルエンザ熱
すべての解熱剤がNGというわけではありません。
インフルエンザ時に使用する解熱剤で避けたい成分は以下のものです。

アスピリンのアセチルサリチル酸・ポンタールのメフェナム酸・ボルタレン、ブレシン等のジクロフェナクトリウム。
こういったものは、インフルエンザ時の解熱剤としては用いらないように注意しましょう。

逆にインフルエンザ時の解熱剤として安全性が高いと言われているのが「アセトアミノフェン」です。
日本小児科学会では
「インフルエンザにおける解熱剤の使用については、慎重に行うこと。
そして、使用するのであれば、安全性の高いアセトアミノフェンを推奨する」
としています。

アルピニー、アンヒバ、カロナールといった名前の製品にアセトアミノフェンは使われています。

高熱が出たら?

インフルエンザ高熱
今回紹介したようにインフルエンザ時に解熱剤を使うと大変な症状が引き起こされてしまう可能性があります。
そのため、あまりにも高熱がひどいようであれば、医療機関を受診したほうがいいでしょう。

また、勘違いしてはいけないのが解熱剤には病気を治す効果はないということです。
解熱剤はあくまで熱を下げているだけで、むしろ熱が出ているということは、体が体内のウイルスと戦っているということなのです。

以上、インフルエンザ時の解熱剤の使用は注意が必要!でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ