Sponsored Link

花粉症の時期と花粉の種類について

花粉症

花粉の種類とその時期

あなたは「何の花粉症」ですか?
今や花粉症は国民病と行っても過言ではない症状として多くの人を悩ませています。
ニュースなどで取り上げられるのは、森林から大量の花粉が飛散するシーンですが、それはスギ花粉です。
このスギ花粉は基本的に春の現象です。
しかし、夏や秋などの他の季節でも花粉症に苦しんでいる人を見かけます。
そこで、季節ごとの花粉種類をまとめてみました。

春の花粉

春は花粉が活発に動き出す季節です。
特に有名なものは次の通りです。
・ハンノキ「1月~6月」
・スギ「2月~5月」
・ヒノキ「2月~5月」
・コナラ「4月~5月」
特に、人工林として占有率の高いスギは多くの国民を困らせています。
スギが多い東北地方などでは花粉症患者のほとんどがスギ花粉によるものだと言われています。
同様にヒノキ花粉も活発に活動しており、スギ花粉と構成が似ているので、どちらか判断のつかない人も多いようです。
やっかいなのはスギ花粉の飛散距離は長いことでも知られており、ある調査では約300㎞も飛んでいたという記録も残っています。
つまり、近くにスギがなくてもスギ花粉による花粉症を発症する可能性があるということなのです。

夏の花粉

夏はイネ科の花粉が活発に動き出す季節です。
特に有名なものは次の通りです。
・カモガヤ「4月~7月」
・ホソムギ「4月~6月」
・ハルガヤ「4月~6月」
細かな種類を含めると、イネ科としての花粉飛散時期は「4月~10月」という見方もできるほど長期に渡ります。

秋の花粉

秋はブタクサなどの野草系花粉が活発に動き出す季節です。
特に有名なものは次の通りです。
・ブタクサ「8月~10月」
・カナムグラ「8月~10月」
・ヨモギ「8月~9月」
これはどちらかというと平野部に多く見られる傾向があります。
そのため、都市部であってもちょっとした空き地などでも活発に動き出してしまいます。

冬の花粉

冬は特別な花粉は挙げられません。
しかし、暖かい地方であれば一般的に春先と言われる「ハンノキやスギの花粉」が1月から活発に動き出す可能性があります。
そういう意味では、地域によりますが一年中何らかの花粉の驚異にさらされていると言っても過言ではありません。

花粉が活発に動く時間帯

花粉の時間
季節とは関係ありませんが、花粉の活動が活発になる時間帯があります。
それは「正午」「夕方」です。
花粉は晴れていて、乾燥した日に多く飛散します。
しかし、都市部のように地面がコンクリートだと花粉は地面に吸収されず、車や人の移動によって巻き上げられてしまいます。
そのため、都市部では一日中気を配らなければならないということになります。

以上が、花粉症の時期と花粉の種類についての内容になります。

その他「花粉症」関連の記事はこちらからご覧ください。
花粉症対策
花粉症の70%がスギ花粉
花粉症で咳!?
ペットも花粉症!?

面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ