Sponsored Link

風邪の辛い咳を止める3つの方法

咳

咳を止める方法ってあるの?

風邪をひいたときに咳がひどくなってしまうことってありますよね。
最初は大したことないと思っていても長引いたりすると喉が痛くなったり、呼吸がうまくできなくて辛い思いをしてしまいがち…。

そんな咳を止める方法をいくつかご紹介しましょう。

咳がでる理由

咳がでる理由
咳はそもそもなぜ出てしまうのでしょうか?
咳というのは気道に侵入してくる異物を防いだり、排出したりするためには起こる行動です。
また気管や喉に炎症ができている場合は、炎症の原因を排除しようとするため痰が多く分泌され、
その痰を体外に排出するためにも咳が出ます。

そんな咳を止める方法は以下のようなものがあります。

咳を止める3つのポイント

咳を止めるポイント

温かい飲み物を飲む
咳というのは乾燥すると出やすいですよね。
咳をすると、その咳のせいでさらにノドが乾燥して咳が出ます。そしてさらにその咳で乾燥して…。
こんな風に一度咳が出るとなかなか止まらないことがありますよね。

そんなときは温かい飲み物で喉の乾燥を防ぐといいでしょう。
冷たい飲み物は余計に気管を刺激してしまい咳が出やすくなってしまうので、
必ず温かい飲み物を飲むようにしましょう。

マスク、加湿器を使う
とにかくノドを乾燥から守りましょう。
マスクは風邪をひいたときの対策として最も一般的で簡単ですが、効果も高いです。
マスクで鼻と口を覆って呼吸をすることでマスクの中で湿った息が循環してくれるため、ノドの乾燥を防いでくれます。

また加湿器で部屋の湿度をあげるのも効果的でしょう。

大根を食べる
食事で咳を止める方法もあります。
大根に含まれている成分には殺菌・抗炎症作用があります。
そのため、大根料理を食べることでノドの炎症などがおさまり咳が出るのを防いでくれます。

咳を止めるために簡単にできるのは「温める」ということと「加湿」の2点ですね。
咳が出て辛い時に面倒なことはやる気が起きないでしょう。
マスクをして、部屋を加湿して、暖かい飲み物をゆっくり飲む。
簡単なことではありますが、効果は期待できるでしょう。
以上、風邪の辛い咳を止める3つの方法でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ