Sponsored Link

スマホにパソコン!?ドライアイの原因と症状

ドライアイ

ドライアイの原因と症状

ドライアイ…現代社会においてよく聞くようになった言葉ですよね。
特にパソコンが普及してきたあたりから、よくこの言葉を聞くようになったような気がします。
しかし、実際にドライアイというのはどういった症状で、どんなことが原因となっているのでしょうか?

ドライアイの原因は?

ドライアイ原因
ドライアイというのは、涙の量の不足などが原因となり目の疲れや不快感などを感じるようになる病気のことです。
人の目から出る涙には目の乾燥の防止、殺菌、洗浄、栄養補給…といったような働きがあり、いってしまえば目のバリアの役割があるわけです。
しかし、様々なことが原因となってドライアイになってしまうことがあるのです。

・パソコンやスマートフォンなどの長時間の使用
・コンタクトレンズの使用
・エアコンの長時間の使用
・長時間の運転
・夜更かし
・加齢

ドライアイになってしまう原因にはこのようなものがあげられます。
特に最近ではスマートフォンが一気に普及して、若い人達の間でもドライアイになってしまう人がとても多いのです。

ドライアイの症状は?

ドライアイ症状
実際にドライアイになってしまうと次のような症状があらわれるようになります。

目の乾き
パソコンやスマートフォンを長時間使用すると画面を注視するあまりまばたきの回数が大幅に減ってしまい、涙の量も減ってしまいます。
こうなると目が乾燥しやすくなってしまい、目の表面の傷や角膜や結膜への悪影響も出てしまうようになります。

エアコンの風や長時間の運転など、日常生活のいたるところに目が乾燥してしまう原因はあるんです。

ものがかすむ
ドライアイになってしまうと、ものがかすんで見えるようになってしまう場合があります。

目の疲れ
ドライアイになると涙の量が不足するようになります。
この涙には酸素や栄養の供給、ゴミや老廃物の洗浄、異物の侵入を防ぐ効果があります。
涙が不足すれば、当然こういった効果が弱くなってしまうため、目が疲れやすくなってしまうのです。

ドライアイになってしまうと、これまでは感じることがなかった目の違和感を感じるようになります。
長い間、目の違和感などが慢性的に続くようであれば、一度病院を受診してみたほうがいいでしょう。
以上、スマホにパソコン!?ドライアイの原因と症状でした。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ