Sponsored Link

食あたりの対処法とは?

食あたりの対処法

食あたりの対処法について

食あたりは原因にもよりますが、約2時間から6時間で症状が現れます。
そういう意味では急に症状が出るといっても過言ではありません。
また、本人にとってその症状は厳しい内容ですが、言葉にすると「発熱・嘔吐・下痢・腹痛」になります。
発熱でもよほどの高熱でなければなかなか休めない社会人にとって、特に嘔吐・下痢は「ただ我慢」という対処しかしない人も多いようです。
しかし、激しい腹痛の場合や、高い発熱の場合は医療機関での診察をしましょう。
(参考:第一三共ヘルスケア)

嘔吐・下痢について

嘔吐・下痢の多くは胃腸が冒されている状態です。
人には免疫システムが備わっており、大抵のウイルス等は体内に侵入した時点で退治してくれるのですが、自身の体では対応できない場合に「嘔吐・下痢」が起こります。
いまさら言われなくてもお分かりのことと思いますが、あの嘔吐や下痢で体外に排出されたものはとても汚いものです。
特に食あたり中に関してはその中に大量のウイルス(食あたりの原因物質)が含まれています。
本人はとても辛いでしょうが、あれはウイルスを体外に排出する行為なんです。
つまり歓迎すべき現象だとも言えますね。

吐き気止め・下痢止めについて

それでも常に吐き気に襲われている状態、下痢をしている状態ではまともな生活は送れません。
そのため、市販されている薬を服用する人も多いようです。
気持ちはわかります・・・でもオススメはできません。
先ほど説明したとおり、ウイルスを体外に排出することで体を守ろうとする現象です。
それを止めるとはどういうことか・・・あなたはウイルスを体の中に溜めているということに他なりません。
あなたを苦しめるウイルスを、薬を使ってわざわざ保有する・・・おかしなことだと思いませんか?

必ずしておくこと

嘔吐や下痢で最も危険なことは『脱水症状』を引き起こすことです。
ウイルスを効率よく排出するために大量の水分とともに一気に流し出すような方法をとっています。
そのため、失われる水分量が尋常ではありません。
もし高熱でも併発していたらそれこそ一大事です。
嘔吐で口から、下痢で肛門から、高熱で全身の毛穴から汗として水分が失われています。
そこで必ずやっていただきたいことが『水分補給』です。
でもただ飲むだけではダメですよ。

オススメ対処法

今回オススメするのは『あたたかいスポーツドリンク』です。
食あたりは胃腸がダメージを受けています。
ここにキンキンに冷えた飲み物を入れてしまうと胃腸がビックリしてしまいます。
大切なことは「体温の調節すること」です。
人間の体温は約36℃あたりですが、体内温度は約40℃近いものです。
飲み物は基本的に「あたたかいな」と思える温度が丁度良いとされています。
同時にスポーツドリンクは水分補給・吸収において研究を重ねているので、効率が良いこともメリットです。
以上が、食あたりの対処法とは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ