Sponsored Link

シールの上手なはがし方!身近なアイテムではがそう!

シール

シールを身近なアイテムで剥がす方法

子供が貼ってしまったシール。

貼ったばかりの頃は、可愛いねで済みますが、時期が経つと。
中途半端に切れてしまったり色が薄くなったりで、
掃除のついでに剥がしてしまいたくなりますよね。

今回は、身近なアイテムを使ってシールを綺麗に剥がす!雑学になります。

日本における、シールとは糊付きの紙片の事を指すそうです。

シールに似たもので、屋外で使う様な耐久性の高い物は、「ステッカー」と言います。
また、糊付きの荷札や値段や性質・成分・産地が書いてあるような物は「ラベル」の部類に入ります。
(参考:シール Wikipedia)

なかなか取れないシールの剥がし方なのですが、
もちろん、小売店に売っているシール剥がしを購入すれば、当たりはずれはありますが効果は高いです。
ですが、剥がすシールは1枚だけだし…買うのも勿体ない。
家にあるもので何とかならないかと思う方も多いと思いますので、
今回は、身近にあるものでシール剥がしに使えるアイテムを記載していきたいと思います。

シール剥がしに使える身近なアイテム5つ


    ドライヤー

  1. ドライヤーを使いシールを温めて剥がす。(水で湿らせない場所に最適、ただし温め過ぎに注意)
  2. ハンドクリーム

  3. ハンドクリームでシールを剥がす。(紙の部分が表れているシールに効果あり)
  4. 水に浸す

  5. 水に浸けて1日放置する。(水に浸しておける物の場合)
  6. 洗剤

  7. 中性洗剤やお酢をシールに塗り、ラップをかけて少し待ってから剥がす
  8. 消しゴム

  9. ガラスや鏡などは、消しゴムを使って剥がす。

以上、シールを綺麗に剥がす為のアイテム5つになります。

また、シールが貼ってあった部分を指などで取ろうとしていると、剥がれたシールが纏まって汚くなってしまう事がありますが、
これは、その上からガムテープで何度か軽く叩くと良く落ちるらしいです。

また、マニキュアを落とす除光液などでも落とす事は可能ですが、
シールを貼った箇所がプラスチックだと後が残る可能性があります。

状況に応じて、上記の5つのアイテムを使い分けて上手にシール剥がしをしてみてください。

上記の5つのアイテムが一つもないよ!!って方は。
汚いシールの上から新しいシールを貼ってしまえば問題なし!?

以上が、シールを綺麗に剥がす!身近なアイテム5つの内容になります。
面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ