Sponsored Link

「嫌な洗濯物の臭い」洗濯物の生乾き対策!5つのポイント

洗濯物

生乾きの洗濯物の臭い対策にはこれ!

洗濯物の生乾きの臭いは本当に嫌ですよね。

・梅雨の雨ばかりの時期
・冬の寒い時期
・花粉症の季節

こんな季節は、洗濯物の部屋干しが増えてしまい、
どうしても、生乾きになってしまう事が多いです。

洗濯物が生乾きになってしまうと、
シャツやタオルなどから悪臭がしてしまう事もあります。

なぜ、衣服やタオルなどが生乾きになってしまうと悪臭がしてしまうのでしょう?

その答えは、

洗濯物に潜む雑菌が繁殖するからなのです。

生乾きで衣類が臭く感じるのは、雑菌が増えてしまい、その雑菌臭を私達は感じとっているからなのです。

上記の事から、洗濯物に潜む雑菌を極力少なくする事によって衣類やタオルなどの嫌な臭いから解放される事になります。

ですから、香りの付いた洗濯洗剤や柔軟剤でいくら香りをつけたとしても意味がありません。
元の雑菌は減っていないので、洗剤や柔軟剤の香りと混ざり余計嫌な臭いが発生してしまう事を経験したことがないでしょうか。

結局のところ、雑菌を退治してしまえば嫌な雑菌臭は無くなるので衣類は快適に保たれます、その後、良い香りのする洗濯洗剤や柔軟剤を使えば効果アップです。

衣類の(嫌な雑菌臭)生乾き対策5つのポイント

・洗濯槽を清潔にすること

洗濯槽は、カビや雑菌の温床になっています。
洗濯槽がきたなければ、その中で洗う衣類に雑菌をつけているのと一緒です。
洗濯槽用クリーナを使い洗濯槽を綺麗にしましょう。
洗濯槽の詳しい内容は、カビキラーで有名なジョンソンHPをご覧ください。

・お風呂の残り湯はなるべく使わない

お風呂の残り湯は、確かにもったいなく感じるのですが、これも時間が経ってからのお湯は特に雑菌が繁殖してしまっています。
どうしても使いたい方は、洗う時だけ残り湯を使い、すすぎの時は水道の水を使う事が効果的です。

・白いタオルやバスタオルは漂白剤を使う

白いタオルやバスタオルならば、漂白剤を使い雑菌臭を取ってしまう方が楽でしょう。
ただし、色柄物の衣類などには使えません。

・オスバンSを使う

部屋干しなどで生乾きになってしまい、雑菌臭が出てしまった衣類やタオルなどには、オスバンSで消毒すると嫌な臭いが取れます。
オスバンSってなに?と知らない方も多いと思いますので、
こちらの記事を参考にして下さい
オスバンSの使い方

・しっかり乾燥させる(乾燥機を使う)

雑菌は、乾燥に弱いので例え部屋干しでも、風が当たる様にしたり工夫する事で雑菌の繁殖を防ぐ事が出来ます。
また、洗濯物が乾きにくい時期は乾燥機を使う事によって雑菌の繁殖を防ぐ事ができ嫌な臭い対策にも効果的です。

上記の内容を簡潔にまとめると、

嫌な臭いは雑菌臭で、まず、洗濯物に雑菌を極力付着させない事が重要です。
そして、嫌な臭いが発生してしまった洗濯物は、オスバンSを使い雑菌を消毒してしまい。
その後、しっかり乾燥をする事で生乾きの嫌な臭いが発生してしまった衣類やタオルも復活すると思います。

貴方も、部屋干しの嫌な臭い対策をしてみてはいかがでしょうか?

面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



2 Responses to “「嫌な洗濯物の臭い」洗濯物の生乾き対策!5つのポイント”

  1. 洗濯大変 より:

    私は、花粉症なので花粉が舞う時期は室内干しが欠かせないのですが室内干しだとどうしても乾くのが遅くなってしまうせいか、生乾きの臭いがしてしまいます。
    こちらのサイトをみてオスバンを試してみたら、生乾きの嫌な臭いが消えてビックリw
    これからもオスバンを愛用させて頂きます。ありがとうございます。

  2. 匿名 より:

    これから梅雨の時期がくるので、また今年も洗濯物の生乾きの臭いと戦わなければならないと思うと嫌になります。
    私もオスバン使ってみようかと思います。
    部屋干しって本当にいやですね。

コメントを残す

このページの先頭へ