Sponsored Link

なんとかして!マスクをしている時の臭い

マスクの臭い

マスクが臭くなってしまうのは何故? その原因と対策について

春の花粉症シーズンや、インフルエンザが流行する冬場に大活躍するマスク。
最近では立体形状のものや、ウィルスを通さない不織布製といった高機能マスクを見かけるようになりましたね。

ところで、マスクを使っていて不快な臭いに困ったことはありませんか?
長時間使っているとマスクの中がどんどん臭くなってしまう……そんなことにお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。
マスクの雑菌

マスクの臭いの原因は、いろいろ考えられます。

まず、長時間マスクを使う場合に起こるのが菌の繁殖です。
唾液や口内に含まれた細菌が息を吐き出すときや咳などでマスクの内側に付着、人間の体温で暖かく、しかも湿度のあるマスク内側の環境で繁殖してしまうのです。
この繁殖した菌が、悪臭の元になっている可能性は高いと言えるでしょう。
(参考:殺菌wikipedia)

また、人間の唾液にはそもそも臭いがあり、乾燥するとその臭いを強く感じることがありますが、それがマスクの悪臭の原因になっているとも考えられます。
どうしてもマスクに付着してしまう唾液が乾燥して、特有の悪臭の原因になってしまうわけです。

上記とは少し違う原因として、マスクそれ自体(消毒液の様な臭い)の臭いが気になる場合もあります。
製造工程でマスクを消毒する際、その臭いがどうしても残ってしまうため、特に臭いに敏感な人にはそれが気になってしまうようです。

それでは、マスクの効果的な臭い対策について以下に記載します。
マスク臭い退治

自分の口臭が問題かも

これはあまり考えたくないことではありますが、自分の口臭が原因という可能性も当然考えられます。
自分の口臭が原因ならば、当然マスクをしていれば臭ってしまって当たり前です。
まず、自分の口臭を改善しましょう。
今では、口臭が薔薇の香りになるなどのサプリや、タブレットなどもあるそうです。
こちらのサイトで詳しくランキングされています。
口臭に効く!おすすめ口臭対策・予防グッズランキング


長時間同じマスクを避ける

マスクの臭い対策としてはまず、長時間同じマスクを使い続けないことが大切です。
当然のことながら、長時間使用続ける程、マスクには多くの菌が付着し繁殖することになるからです。
衛生面から見ても問題です。

安いマスクでは無く少し高価なマスク

良いマスクを使うことも大切です。
単価の安いマスクほど、消毒薬の臭いが強い傾向にありますので、少し高めでも良いマスクを使ったほうがよいでしょう。

食後の歯磨き

食後の歯磨きも重要です。
食事をとった後の口内では菌が繁殖しています。もちろん、この状態でマスクをすればマスクに付着する菌も増える、ということです。

マスク事態を消毒

雑菌を増やさない努力をしても増えてしまいマスクが臭くなってしまう事もあります。
そんな時は、マスクを除菌してしまいましょう。
マスクを除菌抗菌しておまけに、アロマの良い香りのするスプレーもあります。

その他細かい事で言えば、唾液を飛ばさないよう、鼻で呼吸を多くするなどもありますが、花粉症や風邪で鼻が詰まっている状態では難しいですよね。
鼻が詰まっている時は、自然と口呼吸が多くなってしまうので臭いの原因になってしまいます。
なんにせよ、マスクの雑菌を増やさない事が大事になってきます。

以上が、なんとかして!マスクをしている時の臭いの内容になります。

面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ