Sponsored Link

服装選びが重要!子どもの雪遊びの服装は?

雪遊び服装

子どもの雪遊びの服装は?

冬の季節、子どもたちが何より楽しみにしているのは雪遊び。
スキーやスノボのゲレンデに出かける機会も多いでしょう。

けど、そんなとき、特に気になるのが服装。
普段と同じ防寒着では、濡れて風邪を引いてしまうだろうし、気になりますよね。
子どもの雪遊びの服装は、どんなものを選べばよいのでしょうか?

雪遊び用の服の基本は撥水性

雪遊び撥水性
まず、雪遊び用の服を選ぶ基本は、撥水性です。
雪遊びをしていると結構濡れてしまいます。撥水性のない生地の服では冷たい水が染みこんでしまい、体温の低下を招きます。暖かさと一緒に、撥水性を気にしてあげましょう。

子ども用のスキーウェアを用意するのが最善ですが、気温の高めの日や、ちょっとした雪遊び程度であれば、撥水加工されたナイロン製のジャンパーでも十分や役に立ちます。
暖かい服装の上に着せてあげましょう。ナイロン製のズボンもありますので、脚の濡れにも対応可能です。

ウェアのサイズは大事

ウェアサイズ
小学生くらいの成長期の子どもの場合、せっかく専用の服を用意してもすぐに大きくなってしまい、服が身体に合わなくなる、ということもあるでしょう。
どうせ成長するのだからと、大きめのウェアを着せることをつい考えてしまいがちです。
しかし、これには注意が必要です。
大きくてダブダブのウェアは動き辛さの原因ともなります。
足を取られて転倒する原因になることもありえますので、身体にきちんとあったサイズのものを選んであげましょう。
雪遊びをする機会が少なく、わざわざお金をかけてそれ用の服を用意するのが難しいという場合は、レンタルウェアを利用することも可能です。
スキー場ならレンタルウェアが利用できるところがありますので、事前に調べておくと良いでしょう。

当たり前ですが、足に履くのはスノーブーツが良いでしょう。
子ども用のスノーブーツはわた入りで保温性に優れます。普通の長靴だと薄いゴム地を通して雪の冷たさが伝わりやすく、雪にも滑りやすくて危険です。

せっかくの雪遊び、子どもたちが良い思い出を残せるよう、服装には十分気を使ってあげたいものですね。
以上が、冬本番!!子どもの雪遊びの服装は?の内容になります。

その他の「」関連の記事はこちらからどうぞ
きれいな雪だるまの作り方
雪かきのコツ
かまくらの作り方のコツ

面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ