Sponsored Link

居眠り運転防止!運転中の居眠り(眠気)対策

運転中居眠り対策

居眠り運転防止!! 自動車運転中の眠気と対策

年間約70万件も発生している交通事故。
その約3%=2万件程は居眠り運転が原因であると言われます。
3%なら少ないじゃないと思うかもしれませんが、居眠りが原因と断定された事故のみの話ですので、実際には更に相当数の居眠り運転事故が起こっていると考えられるでしょう。

居眠り運転は運転当事者がそれと自覚できない状態で発生するので、スピードを緩めないまま壁や家屋に激突、あるいは歩行者をひいてしまったり他の車と衝突しますので、重大化するケースが多いのも特徴です。
他原因と比較して5倍以上、6%が死亡事故につながっています。
居眠り運転防止の3つのポイント
居眠り運転を防止するには、三つの事柄に注目する必要があります。

居眠り運転が起こる原因

居眠り原因
身体的原因として考えられるものとしては

・睡眠不足
・長時間の運転による集中力の低下
・仕事や育児によって蓄積した疲労
・食後の満腹感

などが上げられます。

身体的原因と合わせて居眠り運転が事故につながる要因は環境にもあります。

・場所:単調な風景が続く長い直線や、眠っている間に曲がり切れないカーブ
・天候:曇り空(日光の刺激がなく、眠気を起こしやすい)
・時間帯:午前3時~4時と午後3時~4時(最も眠気が生じ易い)

運転中に眠気が生じてくると、まぶたが重くなり、まばたきやアクビが出るようになります。
注意力が低下し、信号の切り替わりや交通標識を見落としやすくなります。
こうした症状が出るのは危険信号と言えるでしょう。

運転中に眠くなってしまったら、休憩できる場所で仮眠を取るのが最も良い方法です。
仮眠をすると脳内の疲労物質が取り残され、集中力が回復します。
しかし、30分以上寝てしまうと逆に眠気がひどくなってしまいますので、仮眠の時間は20分くらいまでが妥当です。

一時的な眠気の解消法

チェック
状況によっては(例えば高速で運転中の場合など)休憩を取るのが難しいこともあるでしょう。
その場合は以下の方法を試みてください。

・窓を開けて車内の空気を入れ替える
・音楽をかけたり同乗者と話をする
・ウェットティッシュで顔を拭く
・眠気防止のガムを噛んだりコーヒーを飲んでみる。
・眠気覚ましのツボを押す。ストレッチをしてみる。

ただし、これはあくまで一時的な眠気の解消法でしかありませんので、できるだけ早く仮眠をとれる場所を見つけて仮眠しましょう
また、慢性的な寝不足を感じるような場合は、睡眠の質を改善する必要があります。
以上が、居眠り運転防止!運転中の居眠り(眠気)対策の内容になります。
面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ