Sponsored Link

簡単に出来る!寒い部屋の防寒対策方法!

寒い部屋

寒い部屋の防寒対策

冬場になると寒さに備える必要があるのは言うまでもありません。
しかし、ストーブやエアコンなどお金が掛かるものはなるべく使いたくないご時世というのもあり、安価に部屋に防寒対策を施せないかと考える方も多いでしょう。
そんな、あなたに簡単に出来る部屋の防寒対策のコツをお教えします。

防寒対策のポイントは空気の流れ

防寒対策は、「空気」をうまく考えることで安価の対策が可能になります。
また、ストーブやエアコンなど使えば使うほどお金が掛かるものよりは、永続的に使用できる物質的アイテムも賢く利用したいところです。
基本的に、外からの冷気は床下や窓からやってきます。
上方向からは、屋根や天井裏自体に空気があるために、そこまで考えなくても大丈夫なのです。
さて、身近にあるものの中で最も防寒対策に利用しやすいもの、それもまた「空気」なのです。
と言っても、空気自体をどうにか固めることはできませんので、空気を含んだ素材に着目しましょう。
例えばコルクのような空気を多分に含む素材を床にしくと、床下からの冷気を遮断することができます。
今では、コルクに似たマットなども売っていますね。
どんなに冷えているシャンパンでもコルクは冷えていないことがありますよね。
空気の特徴は、「温まりにくく冷めにくい」ことにあるのですから。

窓から侵入する冷気対策

さて、窓方面からの対策には3つの方法があります。
一つは、スポンジやフェルトなどで窓の隙間を埋めてしまうことです。
サッシなどにも施すとより高い効果が期待できます。
もう一つは、半透明の断熱シートを窓に貼り付けてしまう方法です。
二重窓と同じような効果が、永続的に得られます。
これは外気を入れないための対策となります。
そして最後の一つは、厚手のカーテンをかけることです。
言い換えれば、部屋の空間と窓の間にもう一つ空気の壁を作ってしまうのです。
部屋の暖かさと、外の_冷気の緩衝材として機能させます。
これで窓方向への防寒対策はバッチリだと言えます。

また、昼間の日差しは冬こそ強くなりますので、日中はなるべく多くの日光をガラス越しに入れて、部屋の温度を高める工夫も重要でしょう。
日中にそこまでの寒さを感じないならば、断熱シートを外しても良いでしょう。
賢く「空気」を理解して、暖房器具に依存しない温かい部屋を作ってみましょう。
以上が、簡単に出来る!寒い部屋の防寒対策方法!の内容になります。
面白い雑学や豆知識を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ