Sponsored Link

主な原因は3つ「携帯が熱くなる」原因とは?

携帯熱くなる

携帯 熱くなる原因

普段通りに使用していたら、熱くなっている携帯に驚くことがあります。
こんな経験は誰にでも一度くらいはあるのではないでしょうか。
携帯電話やスマホが熱くなる原因を知り、効率よく使用していきたいものです。

携帯が熱くなる3つの原因

なぜ?
「携帯が熱くなる原因は大きく分けて3つ」あります。
まず、第一番目に考えられる可能性は、電化製品でもあるために使用すると、どうしても熱を発するというものです。
スマホなどが顕著なのですが、例えばカーナビアプリのように大きな電力を使用するものは、それだけ内部も稼働している状態になっています。
どんな家電でも使用すれば熱くなるので仕方がないと言えば仕方がないのです。
こまめにオンオフするなどして、熱による本体の劣化を防ぐようにしましょう。


二番目に考えられるのが、本体自体に日光が当たる場合です。
黒い携帯などを車の中に入れておくとすぐに熱が溜まります。
また、カバーなどを付けていると、余計に熱がこもってしまい、結果熱くなるというものです。
説明書などにも直射日光を避けるべきだと書かれていますので、これは気をつければ避けられる問題ですね。
車でも家でも使える、スマホ用冷却ファンが大活躍します。


そして、三番目の原因としては充電中に熱くなるというものです。
充電中はバッテリーに電気が流れているので、やはり熱を持ってしまいます。
最近では、スマホのゲームをしながら充電をしたりする事が増えてきています。
充電をするだけでも熱くなるのに、さらにゲームアプリを起動しながらだと熱くなって当然と言えるでしょう。
余りの熱さで故障する危険性も出てきてしまいます。
携帯・スマホで充電しながらゲームをしたりする方は、熱を持ちにくい機器にやさしい充電器を使ってみてはいかがでしょうか?
こちらの、アルミニウムUSBアダプターは通常のアダプター(充電器)に比べて熱を発生しづらい商品らしいです。

以前、充電は0になってからした方が良いというのは、携帯が一般人でも手にできるようになった時代の話です。
現在ではバッテリーの使用回数が基準となり減り具合が決まるので、残り60%であっても、タイミングがあるなら充電しましょう。


こんな風に、こまめな充電で、充電中の熱を最小限に抑えられます。
もし、これ以外の理由、または全く使用もしていないのに熱くなった場合は専門の修理に出しましょう。
精密機器を搭載している機種も多々あるので、細かい原因などが不明な場合があるかあらです。
また、機種にもよりますが内部のアプリケーションの利用などで発する熱で、内部の経路やチップが焼ききれないような設計になっていますので、過剰な心配も不要だと言えるでしょう。


以上が、主な原因は3つ「携帯が熱くなる」原因とは?の内容になります。
面白い雑学や豆知識を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ