Sponsored Link

バレンタインで「男の心をつかむ」ラッピングの種類

バレンタインラッピング

バレンタインで男の心をつかむラッピングをしてみよう!

日本は一応仏教国と言われていますが、実際は無宗教に近い状態です。
そんな中でかなり昔からなじんでいる風習の1つが「バレンタイン」です。
バレンタインの作法は諸説ありますが、今回は女性が男性にプレゼントするスタイルで考えていきましょう。
バレンタインデーの詳しい事はwikipediaバレンタインデーを参照下さい。

味よりもラッピング

バレンタイン
バレンタインでプレゼントするお菓子は「チョコ/クッキー/ケーキなど」でしょうか。
おいしいに越したことはありませんが、おいしさで言えばプロには適いませんよね。
それでも男性は喜んでくれます。
大切なことは、味ではないということですね。
まずは視覚に訴えましょう。
かわいいラッピングで相手の男性に「特別」をプレゼントしてみてはどうですか?

しかし、何でもかんでも凝ったラッピングは最適とは言えません。
本命なのか義理なのかで話が変わります。

本命だったら・・・

バレンタイン本命
全体的なラッピングに凝ってみましょう。
「箱+ラッピング紙」・・・贈答品のようにきれいに包装し、シールなどを貼れば完成です。
「箱+リボン」・・・ラッピング紙で箱を包むことが苦手な人に向いています。リボンの裾は棒に巻き付けるなどしてカールさせるとかわいくなりますよ。
「袋+リボン」・・・クッキーのように、互いに触れ合っても問題ないお菓子に向いています。柄のついた袋よりも、シンプルな透明タイプが良いでしょう。

義理だったら・・・

バレンタイン義理
1人分の量が少ないはずなので、できれば1つずつラッピングすると良いですね。
1つずつラッピングすることで特別感が増すので、本当に少量でも喜ばれます。
量や値段よりも、手間をかけていることに男性は喜びを感じてくれます。
まあ、中にはそういう過程を見ない男性もいるので、そういう男性は論外ということで・・・
「透明フィルム+ラッピングひもやシール」・・・クッキーのように薄いものやチョコのように小さなものは2~3個ずつ。
ケーキのように大きなものは1切れずつを透明フィルムに入れ、口を閉じます。
これだけでかなり凝った義理になりますね。
ラッピングに気を使い「男心をつかむ」バレンタインでーにしたいですね。

以上が、バレンタインで「男の心をつかむ」ラッピングの種類の内容になります。
面白い雑学や豆知識を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ