Sponsored Link

これであなたも片づけ名人!片付け方の3つのコツ!

片付け方のコツ

3つの片付け方のコツを教えます!

収納場所は決めているのに、どうも部屋やデスク周りが片付かない。
そんな悩みは多くの方が抱える悩みと言えるでしょう。
次の3点を意識して片付けをすると、効率よく収納ができるようになります。

1)使ったら直ぐに元に戻す
2)収納場所には隙間を作る
3)全体の10%をやってみる

整頓する癖をつけよう!

チェック
使い終えたら直ぐ戻すのは、分かっていても中々できないことです。
急ぎの用事があったり、疲労が溜まってる時など理由は様々でしょう。
しかし、一度習慣にしてしまうと全く労にならなくなります。
手洗いうがいや歯磨きなどは、子供の頃は誰でもやりたくないものです。
ところが、一定期間を過ぎると抵抗感が無くなり、むしろやらないと落ち着かなくなるものです。
大規模な片付けをするよりも、小規模な片付け、つまり「使ったら元に戻す」を習慣化させましょう。

収納場所の隙間(スペース)を開けておく

片付けスペース
また収納場所に隙間を作ることも重要です。
第一に物がありすぎると片付ける量や、分類に時間がかかることが推測できてしまい、やる気もなくなります。
片付け上手な方の部屋や、インテリア屋の展示品などを見てみましょう。
必ず、小物一個しかないコーナーや、ギチギチ感が無いような配置がされています。
収納ケース、本棚、デスクなども「空間」を上手に使うと「キレイに保ちたい」という心理が表にでるために、片付け易くなるのです。

上手くいかなければ、人はとりあえず10%でも

目標片付け
それでも、どうしても片付けが上手くいかない場合は、とりあえずの目標を作りましょう。
本棚のみ、衣服のみ、散らかっているゴミだけでよい、という具合です。
分量は、絶対に多くしてはいけません。
全体の10%を終えたら休むんだよ、くらいの気持ちで一箇所だけを片付けるのです。
すると、次はどこを行えば良いのかが明らかになったり、自分でも片付けられるという自信が付くのです。

現代人は多忙でもありますので、上手く機能しない期間も当然あります。
そんな時は、年末の大掃除を軽めに定期的にやるような感じで行うと片付け上手な自分になれます。
衣替えと一緒に行う、1ヶ月に一度見直すなど期間にも注目したいところですね。
以上が、これであなたも片づけ名人!片付け方の3つのコツ!の内容になります。
面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ