Sponsored Link

「先輩」「後輩」「上司」との上手なコミュニケーションの取り方とは?

コミュニケーション

コミュニケーションの取り方とは?

コミュニケーション能力が、就活や仕事でも重要視されて久しくなりました。
人によって接し方が異なるせいか、苦手意識を持つ方も少なくないでしょう。
以下の、簡単に実行できそうで、意識しないとなかなか難しい3つの方法を試してみて下さい。
たったこれだけで、劇的にコミュニケーション能力が高くなりますよ。

1)笑顔で接する
2)相手の話は最後まで聞く
3)発言しにくい会議などでは発言力がある人間の言葉を借りる

笑顔が大事

笑顔
笑顔は全世界共通のシグナルでもあるそうです。
話し方や内容も重要ですが、その土台となるスマイルも忘れてはなりません。
あまりにやけ過ぎず、好印象を持ってもらえるような笑顔はなかなか作りにくいもの。
そこで、鏡の前で定期的に訓練しましょう。
目標にすべきは、ドラマなどでよく見る笑顔です。
理想的な笑顔だからこそ、放送・視聴されているのですから。

相手の話をきっちと聞く

うなずく
加えて、相手の話を遮ったり、途中で質問を挟むのは止めましょう。
相づちを打ったり、頷くことも重要だとされていますよね。
どんな人間でも、話を最後まで聞いてほしいものです。
また、相手の本心を聞き、正しく・受けの良い発言をするにも大切なテクニックになります。
どうしても、「それは違うな」と批判的になってしまうのが人間というもの。
そこをグッと我慢して聞くことができるだけでも、好印象を与えることができます。

人の言葉を借りてしまおう!

コミュニケーション
もし、それでも発言するタイミングが無いという場合の秘策をお伝えします。
それは、先輩や上司の言葉の一部を自分の発言に取り入れてしまうことです。
「今、日本の景気は上向きになってきているよな」という発言があったとしましょう。
「『景気』といえば、●●に新しいお店が出来たらしいですよ、やはり『景気』は回復していますよ」
こんな風に、上司の発言を肯定した上での発言ならば、誰もが話やすくなります。

ちょっとした心掛けで一気にコミュニケーションの取り方が上手くなります。
特に、「最後まで話を聞く」ことができない方は多いのではないでしょうか。
会話は言葉のキャッチボール。
相手からの発言は笑顔でしっかりと受け止めてみましょう。
以上が、「先輩」「後輩」「上司」との上手なコミュニケーションの取り方とは?の内容になります。
面白い雑学を一気読み! 雑学短縮ページはこちらから「雑学

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ