Sponsored Link

自宅で飾る!イルミネーションを飾るコツとは?

イルミネーション

自宅にクリスマスイルミネーションを飾ろう!

クリスマスやレジャーシーズンの夜を華やかに彩るイルミネーション。
昔は大掛かりな準備が必要で、電気代等の費用も高額だったことから、企業が観光客を募るために行っていましたよね。
しかし、最近では電気代を抑えることのできる発光ダイオードなどが開発され、ランニングコストが大幅に改善したことで、個人が行うようになりました。

自宅用イルミネーションを作るコツ

ポイント
大掛かりなものでも個人レベルでも基本的には次のような流れでイルミネーションの準備をしていきます。
「1:レイアウトを決める」
どこにどのようなイルミネーションを付けたいのかというレイアウトを決めます。
ただ、一般家庭では本格的なシミュレーションはできませんが、ここでオススメするのは「写真」です。
家の外観などを複数枚写真に撮り、そこにマーカーなどで色を付けながらレイアウトを考えていきます。
この段階ではあまり深く考えずに色だけを決めていく感じで良いでしょう。
「2:サイズを測る」
実際にどれだけの長さ、高さ、面積があるのかを調べます。
同時にコンセントの位置や延長コードが必要かどうかなども確認していくようにしましょう。
「3:ライトの選別」
ライトにも様々な種類があります。
最近のイルミネーションでよく使われるライトをいくつか紹介していきます。

「ストレート」:最もオーソドックスなタイプです。コードの先にライトが複数付いているものなので、木や庭石などに巻き付けることができます。
「カーテン」:これは2階のベランダから垂らすタイプのものです。面積さえ確認しておけば簡単に設置でき、一気に家の壁が華やかになります。
「チューブ」:これは自由に変形できるチューブの中に複数のライトが入っています。型どりが簡単なので、人気があります。

電気代ってどのくらいかかるの?

電気代
イルミネーションをするときに気になることの1つに「電気代」がありますよね。
あれだけキラキラと何時間も点灯させていると一体どれだけの電気代がかかると思いますか?
『電気代=電力×時間×日数×kW単価』で算出されます。
例えば九州で有名なハウステンボスだと次のようになります。

・ハウステンボスは1,000万個のイルミネーションを1日5時間点灯しています。
・開催期間は11月~3月、約150日間実施しています。
以上のことから算出すると、1日あたり『76,650円』の電気代となり、開催期間中150日分となると、『11,497、500円』ということになります。

以上が、自宅で飾る!イルミネーションを飾るコツとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ